サッカー見るならDAZNなのか解説!

ドイツ・ブンデスリーガ歴代優勝回数と歴代得点王を合わせて解説!

個人的に一番好きなリーグであるブンデスリーガを紹介します。

 

想像通りバイエルンが歴代優勝回数トップなのか?

それとも別の予期せぬ古豪があるのか興味深いです。

 

歴代得点王も併せて紹介していきたいと思います。

早速見ていきましょう。

 

 

ドイツ・ブンデスリーガ歴代優勝回数ランキング

ドイツ・ブンデスリーガってどんなリーグ?

1963年に創設されたドイツのプロサッカーリーグです。

執筆時時点で1部Bundesliga(エアステ・ブンデスリーガ)と2部Bundesliga(ツヴァイテ・ブンデスリーガ)それぞれ18クラブ、3部Liga(ドリッテ・リーガ)20クラブの合計56クラブが所属しています。

 

ブンデスリーガに属するには、ヨーロッパで最も厳しいと言われるドイツサッカー連盟のブンデスリーガ・ライセンス取得の条件を満たさないとプロクラブとしてリーグに参加できません。

そのため多額の借金をすることが許されておらずスター選手に多額の移籍金や年棒を払うことが難しいリーグとなっています。

 

このことから優秀な若手選手が多く存在しており、執筆時現在は所属選手が少なくなっていますが、日本とドイツの浅からぬ縁からか日本人サッカー選手の欧州においての登竜門的なリーグとなっていました。

 

香川選手や長谷部選手が活躍しリーグ優勝を経験しているリーグでもあります。

 

 

ドイツ・ブンデスリーガ・シーズン別歴代優勝クラブ

シーズン 優勝チーム
1963-64 1.FCケルン
1964-65 ヴェルダー・ブレーメン
1965-66 1860ミュンヘン
1966-67 アイントラハト・ブラウンシュヴァイク
1967-68 1.FCニュルンベルク
1968-69 バイエルン・ミュンヘン
1969-70 ボルシア・メンヒェングラートバッハ
1970-71 ボルシア・メンヒェングラートバッハ
1971-72 バイエルン・ミュンヘン
1972-73 バイエルン・ミュンヘン
1973-74 バイエルン・ミュンヘン
1974-75 ボルシア・メンヒェングラートバッハ
1975-76 ボルシア・メンヒェングラートバッハ
1976-77 ボルシア・メンヒェングラートバッハ
1977-78 1.FCケルン
1978-79 ハンブルガーSV
1979-80 バイエルン・ミュンヘン
1980-81 バイエルン・ミュンヘン
1981-82 ハンブルガーSV
1982-83 ハンブルガーSV
1983-84 VfBシュトゥットガルト
1984-85 バイエルン・ミュンヘン
1985-86 バイエルン・ミュンヘン
1986-87 バイエルン・ミュンヘン
1987-88 ヴェルダー・ブレーメン
1988-89 バイエルン・ミュンヘン
1989-90 バイエルン・ミュンヘン
1990-91 1.FCカイザースラウテルン
1991-92 VfBシュトゥットガルト
1992-93 ヴェルダー・ブレーメン
1993-94 バイエルン・ミュンヘン
1994-95 ボルシア・ドルトムント
1995-96 ボルシア・ドルトムント
1996-97 バイエルン・ミュンヘン
1997-98 1.FCカイザースラウテルン
1998-99 バイエルン・ミュンヘン
1999-00 バイエルン・ミュンヘン
2000-01 バイエルン・ミュンヘン
2001-02 ボルシア・ドルトムント
2002-03 バイエルン・ミュンヘン
2003-04 ヴェルダー・ブレーメン
2004-05 バイエルン・ミュンヘン
2005-06 バイエルン・ミュンヘン
2006-07 VfBシュトゥットガルト
2007-08 バイエルン・ミュンヘン
2008-09 VfLヴォルフスブルク
2009-10 バイエルン・ミュンヘン
2010-11 ボルシア・ドルトムント
2011-12 ボルシア・ドルトムント
2012-13 バイエルン・ミュンヘン
2013-14 バイエルン・ミュンヘン
2014-15 バイエルン・ミュンヘン
2015-16 バイエルン・ミュンヘン
2016-17 バイエルン・ミュンヘン
2017-18 バイエルン・ミュンヘン
2018-19 バイエルン・ミュンヘン

 

以外にもブンデスリーガ創設シーズンはバイエルンミュンヘンではなく1.FCケルンが優勝しています。

数年後からバイエルンは最盛期に入り、2012-13シーズンからはクラブ史上初の7連覇を成し遂げています。

 

 

1位 優勝回数28回 バイエルン・ミュンヘン

 

この投稿をInstagramで見る

 

FC Bayern München(@fcbayern)がシェアした投稿

バイエルン州・ミュンヘンを本拠地とするサッカークラブでクラブ会員数は世界首位です。

ゲルト・ミュラー、ローター・マテウス、ユルゲン・クリンスマン、アンドレアス・ブレーメ、オリバー・カーンなど、ドイツサッカー史に残るビッグネームの多くが所属したクラブでありドイツ人選手を中心にクラブを作り上げてきました。

 

ドイツの歴史を物語るクラブとなっています。

 

2位 優勝回数5回 ボルシア・メンヒェングラートバッハ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Borussia Mönchengladbach(@borussia)がシェアした投稿

ノルトライン=ヴェストファーレン州メンヒェングラートバッハに本拠地を置くクラブです。

ドイツ国内ではバイエルンと常に覇権を争ってきた強豪クラブでしたが近年は低迷期に入っています。

 

 

2位 優勝回数5回 ボルシア・ドルトムント

 

この投稿をInstagramで見る

 

Borussia Dortmund(@bvb09)がシェアした投稿

ノルトライン=ヴェストファーレン州・ドルトムントを本拠地とするクラブです。

日本代表でも活躍した香川選手が所属し、中心選手として活躍したシーズンで2連覇を成し遂げています。

 

バイエルンのライバルとして挙げられますが、長年のライバルはルール地方に本拠地を有するシャルケ04です。

 

4位 優勝回数4回 ヴェルダー・ブレーメン

 

この投稿をInstagramで見る

 

SV Werder Bremen(@werderbremen)がシェアした投稿

ドイツ連邦共和国ブレーメン州ブレーメンに本拠地を置くクラブです。

ブンデスリーガでプレーした最初の日本人である奥寺康彦や、日本代表の大迫選手が活躍したクラブです。

 

 

5位 優勝回数3回 ハンブルガーSV

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hamburger SV(@hsv)がシェアした投稿

ハンブルクに本拠地を置くクラブです。

高原直泰選手が所属し初の二桁ゴールを決めたクラブです。

そのほかには酒井高徳や伊藤達哉選手も所属していました。

 

5位 優勝回数3回 VfBシュトゥットガルト

 

この投稿をInstagramで見る

 

VfB Stuttgart(@vfb)がシェアした投稿

バーデン=ヴュルテンベルク州・シュトゥットガルトに本拠地を置くクラブです。

チーム初の日本人は岡崎慎司であり、以降は浅野拓磨や細貝萌など多くの日本人選手が加入したチームです。

執筆時現在は遠藤選手が在籍し活躍しています。

 

優勝回数2回 1.FCケルン

優勝回数2回 1.FCカイザースラウテルン

優勝回数1回 1860ミュンヘン

優勝回数1回 アイントラハト・ブラウンシュヴァイク

優勝回数1回 1.FCニュルンベルク

優勝回数1回 VfLヴォルフスブルク

 

歴代得点王ランキング

順位 名前 回数(シーズン)
1位 ゲルト・ミュラー 7回(1966-1967,1968-1969,1969-1970,1971-1972,1972-1973,1973-1974,1977-1978)
2位 ロベルト・レヴァンドフスキ 4回(2013-2014,2015-2016,2017-2018,2018-2019)
3位 カール=ハインツ・ルンメニゲ 3回(1979-1980,1980-1981,1983-1984)
ウルフ・キルシュテン 3回(1992-1993,1996-1997,1997-1998) 
5位 ユップ・ハインケス 2回 (1973-1974,1974-1975)
ローター・エメリッヒ 2回(1965-1966,1966-1967)
ディーター・ミュラー 2回(1976-1977,1977-1978)
クラウス・アロフス 2回(1978-1979,1984-1985)
シュテファン・クンツ 2回(1985-1986,1993-1994)
ローラント・ボールファルト 2回(1988-1989,1990-1991)
アンソニー・イェボア 2回(1992-1993,1993-1994)
マルティン・マックス 2回(1999-2000,2001-2002)

 

爆撃機と呼ばれたゲルト・ミュラーがダントツトップの7回の得点王を獲得しています。

これにレヴァンドフスキがどれだけ追随できるかが注目です。

 

以外にもクローゼの得点王が1回のみだったのが驚きです。

やはりバイエルンの選手が圧倒的な数字を残しているようですね。

得点王を取った選手は監督やSDなどクラブの幹部として活躍していることが多いです。

 

レヴァンドフスキも監督に…!?そんな選手なのかな笑

 

そんなドイツ・ブンデスリーガを視聴する方法はある?

ドイツ・ブンデスリーガを見たい方はスカパー一択です。

「スカパー!」が独占放送・配信権を獲得し全306試合を独占放送しています。

 

ポルトガルリーグやベルギーリーグも併せて配信しています。

加入月無料となっていますが、2ヶ月間は加入していないといけないのでどうしても料金がかかってしまいます。

 

ブンデスリーガは配信していないもののサッカー好きであれば一度「DAZN」を使ってみることをお勧めします。

DAZNでは新規加入者は誰でも1ヶ月無料で見られ、思っていたのと違えば加入月で解約することで一切費用はかかりません。

Netflixは無料体験を2019年の12月に廃止しているので、DAZNでも廃止されるかもしれません。

まだの方は今すぐに無料体験の恩恵を受けましょう〜

サッカーはDAZNで!
DAZN

・月額料金:1,750円

・無料期間:1ヶ月間

・Jリーグ、チャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、セリエA、ラ・リーガ、リーグ・アンを配信

DAZN
※無料期間中に解約すれば費用はかかりません。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です