森保JAPANの試合を全試合採点中!!

ロシアW杯優勝予想!  強豪国につけいる隙はないのか

 

f:id:sasitan:20180602094956j:plain

ロシアW杯優勝予想をちょっとしてみる

W杯は4年に一度のサッカーの祭典であり選手やファンにとっての夢では無いだろうか。

ロシアW杯が6月14日から開催され大いに盛り上がりを見せるだろう。さてどこが優勝するのだろうか?

2回にわたって有力候補を紹介!

 

優勝候補紹介

 

・フランス

W杯予選では死のグループAでスウェーデン、オランダを抑え勝ち点23で1位で通過。

フランスは爆発的な得点力ではなくゲームを支配して失点を最小限に抑えるサッカーをしていた印象を受ける。予選を通してチームとして成長を促していたように思える。

代表メンバーを見てみるとグリーズマンを筆頭にジルー、ムバッペ、デンベレを要し攻撃陣は流石。

中盤にポグバ、カンテ、トリッソを揃えている。問題となるであろうDFにもヴァラン、ウムティティ、ラミなどトップレベルで一線級と対峙してきた選手がいる。ロリスの存在も大きいだろう。やはりDFに心配を抱えておりカンテの重要性は言うまでも無いが本大会は点を取り合う様なゲーム展開が何試合か存在すると考えられる中で攻撃陣がどれだけ活躍できるか注目である。

 

注目選手: ムバッペ

f:id:sasitan:20180602101451j:plain

今大会一番の注目選手、メッシやクリスティアーノ・ロナウドの時代が終焉を迎えつつある状況の中でネイマールやジェズス、アセンシオを黙らせる程の活躍が出来るのか。

個人的には間違いなく出来ると確信している。

・ポルトガル

 

ロシアW杯予選では勝ち点27を積み上げ1位通過を果たしたが2位のスイスも勝ち点27であり独走とはならなかった。

陣容はエースのクリスティアーノ・ロナウドに頼みのサッカーと言えよう。クアレスマやアンドレシルヴァ、ジョアン・マリオ、フォンテなどトップレベルの選手を抱えてはいるが優勝するにはエースの覚醒と勝負強さを示す必要があるだろう。

個人的には苦しい戦いになると予想しているがスペイン戦で流れに乗れば前大会のオランダになれるチーム。

 

注目選手: クリスティアーノ・ロナウド

f:id:sasitan:20180602101701j:plain

ゲームを一瞬で変えられる存在。

しかし衰えからかゲームへの影響力は低下しているように思える。

W杯の結果によって最高のシーズンとなれるか。

 
・ドイツ

 

前大会王者は今大会も優勝候補筆頭であるのは間違いない。

W杯予選で勝ち点30を記録している。失点4からもチームとしての出来は間違いなく世界屈指のチームである。

GKは世界最強のノイアーを欠いたとしてもテアシュテーゲン、トラップ、レーノとGK大国である事を証明している。

DFにはボアテング、フンメルス、キミッヒ、ズーレとバイエルンのメンバーが名を連ねる。

MFを見てもバランスのとれた選手が多く、クロース、ロイス、エジルとなっている。更にドイツ代表でより輝きを放っているドラクスラーにも注目だろう。

FWはヴェルナーとミュラーであり、ミュラーにはバイエルンとは違い更にゴールへの推進力が求められることになるだろう。

注目選手が多過ぎてあげたれキリがないがゴレツカやドラクスラー、ブラントにヴェルナー、サネはまさにワールドクラスである事を証明する大会になってもおかしくない。

 

注目選手: ロイス

f:id:sasitan:20180602101920j:plain

前大会を怪我で見送っているガラスの天才は今大会にかける思いは強いだろう。

ロイスがワールドクラスなのはプレーを見れば一目瞭然であり怪我なく試合出場が叶うのであれば元相棒であるゲッツェ以上のインパクトを残すだろう。

 
・イングランド

 

W杯予選で勝ち点26を積み上げたサッカーの母国は今大会の台風の目になってもおかしくないだろう。

全選手をプレミアリーグから招集しているこのチームはイングランドの誇りをもって今大会に挑むことになる。どうポジションに同じクラブで戦っている選手を揃えており阿吽の呼吸はもちろん若手の有望株が揃っている。

特に攻撃陣が強力でありスピードにおいては世界最速のメンバー構成と言えるだろう。MF陣からの裏へのスルーパスが最重要課題になるのでは…その点ではウィルシャーの存在が必要だったかもしれない。デレ・アリは高い得点能力を備えた選手ではあるがより司令塔タイプのプレーを求めたい。

ヴァーディ、ケインの決定力はどのチームにとっても脅威となるだろう。

 

注目選手: ケイン

f:id:sasitan:20180602102345j:plain

ストライカーとして屈指の決定力を誇りイングランドのキャプテンにまで登り詰めた男の真骨頂を見せられるか。今大会の活躍次第ではバロンドール候補となる事が出来る選手でありストライカーとしては3本の指に入っていると私は思う。

 

・スペイン

 

イタリアと同組に入ったW杯予選では勝ち点28を獲得した。

特に予選の後半は4-1-4-1という最適解を見つけ出し安定感がずば抜けていた。無敵艦隊と呼ばれた南アフリカ大会の様な状態でW杯に出場出来るだろう。

イスコ、チアゴ、シルバ、イニエスタだけでなく他にもコケ等の多くのタレントを中盤に抱えているだけでなくピケやセルヒオ・ラモスは依然として世界屈指のCBだろう。

W杯で何かと注目されるGKだがデヘアは4年間でより完璧な選手へと成長した。間違いなく全試合で試合を支配するだろう。後はリスク管理におけるDFの奮起を求める事になる。

 

注目選手: チアゴ・アルカンタラ

f:id:sasitan:20180602102548j:plain

この選手に関しては好きだと言わざる終えない笑

八百長選出かも知れないがボールタッチが繊細で自分が得点する事も出来るためスペイン代表向きの選手だと思う。

怪我を乗り越えて世界最強のMFである事を証明してほしい。

 

次回も有力チーム紹介をして予想していきたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です