無料でできるサッカーアプリランキングはこちら

【あの感動を再び】ロシアワールドカップ直前!今だからこそ2010年南アフリカワールドカップを振り返る!

いや~

ワールドカップが始まりますね。

近年のワールドカップで日本が成功と掲げているのは南アフリカワールドカップのベスト16ではないでしょうか?

ではその感動を振り返り、熱い情熱をもってロシアワールドカップを応援しましょう!

停滞ムード漂うワールドカップ直前

f:id:sasitan:20180614072057j:plain

ワールドカップ直前まで日本サッカーファンは【期待】を持てずにいただろう。

当時の日本代表の中心人物は、中村俊輔や川口能活、中澤佑二らであり年齢からすると全盛期と言われる選手が多くいたが、

トップコンディションで大会に参加できる状態では無かった。

更に前哨戦であるキャンプで、

イングランド代表に1対2、コートジボワール代表に0対2と完敗したのだ。

流れの中での得点を奪う事は難しいと言うのが世論の本音だっただろう。

グループリーグの対戦国

・オランダ

・デンマーク

・カメルーン

岡田監督はワールドカップ本番直前で主力メンバーの数名を正式にサブメンバーへと降格させ、

本田圭佑、川島永嗣など若手と呼ばれていた選手を採用。

チームの戦い方もより守備的にシフトし得点を与えないサッカーを断行した。

カメルーン代表とのワールドカップ初戦

本田圭佑のゴールで1-0の勝利を掴む。

その後の選手インタビューでもワールドカップは初戦が大事、カメルーン戦で流れに乗れたと語っている。

第2戦のオランダ戦でも敗戦となったものの相手にスペースを与えず0-1と拮抗した試合を演じて見せた。

第3戦のデンマーク戦では3-1の勝利と予選突破を手にしている。

予選の試合を通して絶対に点を与えないという考えが見てとれたし、土壇場でのセットプレーでは気迫が伝わってきた。

日本のサッカーファンは歓喜の渦に包まれた事だろう。

f:id:sasitan:20180614072028j:plain

グループリーグ結果

・オランダ 勝ち点9

・日本 勝ち点6

・デンマーク 勝ち点3

・カメルーン 勝ち点0

決勝トーナメントの一回戦の相手は日本の様に堅守速攻を得意としていたパラグアイだった。

死闘を繰り広げた両チームは120分間でも決着が着かずPK戦となり敗北した。

ベスト16ではあったが相手が誰であろうと拮抗した試合を演じてみせる事が出来るチームであったのは間違いない。

このワールドカップで台頭した本田圭佑等の人気により日本のサッカーの人気も飛躍的に上がったと思う。

また、世界との戦い方が一つでは無いことを教えてくれた。

f:id:sasitan:20180614072154j:plain

8年の歳月が流れて選手の立場は変わったが今回のロシアワールドカップでは南アフリカ大会、ブラジル大会の天国と地獄を知る選手が多くいる事が特徴だろう。

結果を残せていない日本代表だからこそ南アフリカ大会と重ねてみたくなるのは私だけではないはず…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です