無料でできるサッカーアプリランキングはこちら

【データ無し!根拠なし!】絶対なんてない!2018年ロシアワールドカップ日本代表の予選結果大予想

元気ですか!!!!

今サッカー番組等では元日本代表の方が日本代表の結果予想を多くしておりますが、

なかなか日本を全勝で突破すると言った声は聞こえてこないのが現状です。

つまり日本はチャレンジャーとしてワールドカップを戦う事になります。

大番狂わせを起こす事は果たして出来るのでしょうか?

それでは元気に予想してみましょう!!

グループHを大胆予想

f:id:sasitan:20180614075453j:plain

日本の歴史や成績から考えてグループリーグの全試合が大一番になるだろう。

全試合で自分たちの持っている力を発揮できなければ予選突破は困難なものとなると予想。

歴史を変えるのは本田か、香川か、それとも・・・

第1戦 日本対コロンビア

現地時間 2018年6月19日 15:00

日本時間 2018年6月19日 15:00

開催地 サランスク:モルドヴィアアリーナf:id:sasitan:20180614075842j:plain

4年前の印象が鮮明に残っている初戦コロンビア戦。

まぁまぁ完敗でした。

しかし、絶対に勝ちが必要な試合であった前回と最低でも勝ち点1を獲得出来れば良いと言う試合ではアプローチの仕方は違うはず。

更に両チームともにワールドカップ初戦ですから硬くなる事が考えられ得点が入る可能性が低くなる事が予想されます。

その上での予想は・・・

日本0-3コロンビア

1点目の失点はセットプレーでしょう。

日本はほぼ間違いなく守備的に入る事が予想されますので流れの中と言うよりもセットプレーからの失点に注意するべきです。

1点とれたコロンビアは緊張がほぐれハメスやファルカオといったメンバーがゴールを脅かしてくるでしょう。

もしも日本が先制する事や、セットプレーを凌ぐ事が出来れば引き分けは考えられます。

厳しい様ですがコロンビア戦はとても難しい試合になるでしょう。

キーマン 香川

流れの中で点をとるリズムを与えられるのは彼だけじゃないだろうか…

先制点をよろしく!!!!

第2戦 日本対セネガル

現地時間 2018年6月24日 20:00

日本時間 2018年6月25日 00:00

開催地 エカテリンブルク:エカテリンブルクアリーナf:id:sasitan:20180614080205j:plain

勝つならセネガル、難しい試合ではあるがなんとかなるのでは?

そんな声が一番聞こえてくる第2戦セネガル。

4大会ぶり2回目から考えると実績はない。

しかし!!ここに落とし穴があるだろう。

4大会ぶりに出場するのはそれだけのメンバーを揃えているから…

DFにはクリバリ(ナポリ)、MFにはサネ(ハノーファー)、クヤテ(ウエスト・ハム)

FWにはマネ(リヴァプール)、サコ(レンヌ)、ケイタ(モナコ)

実力者が揃っているではありませんか。

予想スコアは・・・

日本1-2セネガル

私はセネガル戦においてもポジティブな印象はなく、ある程度攻撃しなければいけない事を考えるとマネやサコの格好の標的になる気がしている。

攻撃においてはクリバリがいるセンターラインは固いがサイドバックは絶対的選手不在でありサイドからいくつかチャンスは作れると思う。

そこを決められるかどうかだ!!

3バックで勝負してほしい。

キーマン サイドバック、インサイドハーフ

4バックであれば

長友佑都、酒井宏樹、酒井高徳

3バックであれば

長友佑都、原口元気になるのだろうか?

とにかくサイドからの攻撃で決定機を作れる!ただマネのサイドはケアが必要な為、引っ張られない事や上がりのタイミングに注意して欲しい。

第3戦 日本対ポーランド

現地時間 2018年6月28日 17:00

日本時間 2018年6月28日 23:00

開催地 ヴォルゴグラードヴォルゴグラードアリーナf:id:sasitan:20180614080012j:plain

泣いても笑ってもワールドカップ予選最終試合。第1戦、第2戦ともに勝利し突破を決めている可能性は低いと予想され、突破の可能性を残しているとなると最終戦は紛れも無く勝負の試合になる。

日本の結果だけでなくポーランドの結果によってもスターティングオーダーに影響が出てくる為、予想が非常に難しい試合になる。

しかし両チーム共に勝ちが絶対条件の場合はポーランド相手にどこまで出来るかと言ったところになるのではないか?

特にエースのレバンドフスキは29歳と全盛期を迎えクラブでも代表チームでも力を誇示し続けている。

レバンドフスキは万能的なFWであり、ある程度のスピード・高さを備えている。

一番の特徴は決定力でありシュートレンジが広く広範囲を1人でカバーしている。

吉田1人では対応が難しい事が予想されている為全員がブロックの中でケアしていくだろう。

ほんの少しのスペースも与えない事が攻略法であり、長谷部のポジショニングが鍵になるとみている。

結果予想は・・・

日本0-2ポーランド

キーマン 長谷部

ドイツでは幾度となく対峙しており特徴を一番知っている選手。

レバンドフスキをノーチャンスに抑えれば自ずと結果はついてくる。

頼んますキャプテン!!

元気に予想と言っておきながら冷静に考えると得点シーンの想像が難しく3戦全敗予想。

高原か!とツッコミを入れられるだろうが

良い意味で裏切って欲しい!!f:id:sasitan:20180614080533j:plainこの予想が1試合も当たらない事を願い、歓喜の瞬間を迎えられるよう全力で応援する事を誓います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です