森保JAPANの試合を全試合採点中!!

【注目GKランキング】2018年の最新ゴールキーパー事情はこれだ! ロシアワールドカップでも大活躍

2018年ロシアワールドカップでは良くも悪くもキーパーが注目されました。

 

ここで現役選手であり生きる伝説であるジャンルイジ・ブッフォン名言を紹介

「フットボールは実に単純だ。俺がシュートを全て止めればチームが負けることはない。」

 

この言葉のとおり試合の勝敗を一手に引き受けているポジションと言っても過言ではありません!!

では2018年注目のGKについて語っていきまーーーす

 

 ロシアワールドカップでも大活躍!海外の注目GKランキング

 7位 ウーゴ・ロリス(トッテナム所属・フランス代表)

f:id:sasitan:20180616181036j:plain

データ
  • 年齢 31歳
  • 身長 188cm
  • 体重 82kg
  • 利き足 左足

イングランドの名門トッテナム・フランス代表ではともに絶対的守護神として活躍しております。

キャプテンも任されておりプレーだけでなくメンタルの部分においても重要な役割を任せられております。

 

彼の特徴はなんと言ってもシュートストップ技術の高さです。

驚異的な反応で幾度となくシュートをシャットアウトしてきました。

世界最強のパワーシュートが飛んでくるイングランド・プレミアリーグにおいて長きにわたり安定した活躍を見せており存在感が感じられるプレイヤーです。

フランス代表の優勝に彼の活躍は必要不可欠でした。

ロリス選手の評価
GKセンス
(4.0)
キック力
(4.0)
コーチング
(5.0)
ゴリ顔
(3.5)
将来性
(3.0)
総合評価
(3.5)

6位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスターU所属・スペイン代表)

f:id:sasitan:20180616181714j:plain

データ
  • 年齢 27歳
  • 身長 192cm
  • 体重 76kg
  • 利き足 右足

長きに渡りイングランドの名門マンチェスターUで活躍し続けている若き才能だ。

彼の特徴は手足の長さ。反射神経もよくシュートストップ能力は桁違いと言えよう。

フィード能力にも長けておりチャンスシーンを幾度となく演出している。

因みに彼が世界のGKの中での最高年棒であり年棒19億円にも上ると言われている。

 

スペインはボールポゼッションが高いサッカーを志向しておりフィールドプレイヤー全員が相手陣内に入ることがありカウンターからピンチを迎えることは間違いなくある。

彼は海外誌ではロシアワールドカップのワーストイレブンに選出されてしまいましたが、必ず復活できる精神力と技術力を兼ね備えていることから期待してます。

デ・ヘア選手の評価
GKセンス
(4.0)
キック力
(4.0)
コーチング
(4.0)
ゴリ顔
(4.5)
将来性
(4.5)
総合評価
(4.0)

5位 アリソン(ローマ所属・ブラジル代表)

f:id:sasitan:20180616183524j:plain

データ
  • 年齢 25歳
  • 身長 191cm
  • 体重 91kg
  • 利き足 左足

2017/18シーズンのローマ躍進の立役者だろう。

彼の特徴も長い手足を活かしたセービング能力である。

足元の技術が求められるとする現代のGK像ではなく昔ながらのGK像に近いタイプだろう。

彼は「おっ」と思わせるスーパーセーブが多いのが特徴だろう。

スーパースターに欠かせないスーパープレーが多い彼がレアル・マドリードのユニフォームを着ているかも・・・

 

彼自身が目標としているのはジャンルイジ・ブッフォンであり、彼のプレースタイルを追求した若きGKではないでしょうか。

 

ブラジル代表はベスト8で敗退したものの大会を通して安定感を見せられた。

リバプールがゴールキーパー史上最高額の移籍金を用意しているとの報道もあり若手最注目選手の一人だろう。

アリソン選手の評価
GKセンス
(4.0)
キック力
(4.5)
コーチング
(3.5)
ゴリ顔
(4.5)
将来性
(5.0)
総合評価
(4.0)

4位 テア・シュテーゲン(バルセロナ所属・ドイツ代表)

@teamterstegenがシェアした投稿

データ
  • 年齢 26歳
  • 身長 187cm
  • 体重 85kg
  • 利き足 右足

セービング能力が秀でておりリーグの失点数が最少!!

ドイツ代表ではノイアーに守護神を奪われているがバルセロナでのプレーを見て分かる通り実力は折り紙つき!

バルセロナでは後方からのビルドアップも必要とされており彼の足元の技術が上手く活きている。

更に現代のGKの流行りと言える飛び出しもタイミングが良く守備範囲の広さもワールドクラスだろう。

1対1でも反応にも磨きがかかっており今後数年は彼がGK界を牽引していく事になるだろう。

 

テア・シュテーゲン選手の評価
GKセンス
(5.0)
キック力
(4.0)
コーチング
(4.0)
ゴリ顔
(3.5)
将来性
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

3位 ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード所属・スロベニア代表)

データ
  • 年齢 25歳
  • 身長 188cm
  • 体重 83kg
  • 利き足 右足

シュートストップ能力が異常なレベルである。

モダンで堅実なタイプのGKだがピンチでの落ち着きは素晴らしい。

相手との間合いをしっかり意識しておりシュートコースをなるべくきってシュートを打たせている印象

空間を支配し主導権を握っていることがスーパーセーブに繋がっている。

長身ではないもののリーチが長く堅守のアトレティコを支えている。

今後の活躍次第では歴史上1番を狙える逸材

オブラク選手の評価
GKセンス
(5.0)
キック力
(4.0)
コーチング
(4.5)
ゴリ顔
(4.0)
将来性
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

2位 マヌエル・ノイアー(バイエルン所属・ドイツ代表)

f:id:sasitan:20180616183700j:plain

データ
  • 年齢 32歳
  • 身長 193cm
  • 体重 92kg
  • 利き足 右足

言わずと知れた世界最高のGK。

ドイツの名門バイエルン・ミュンヘン・ドイツの絶対的守護神である。

彼は11人目のフィールドプレイヤーと称される彼の守備範囲は世界一でありディフェンスラインの裏を常にカバーしています。

足元の技術にも長けておりフィードでは局面を打開することができます。

 

それだけではなく反応速度もトップクラスでありGKに求められる全ての能力を備えているGKと言えるでしょう。

ワールドカップではドイツ代表のゴールマウスを守ったが最高のパフォーマンスを見せつけたとは言い難い・・・

2018/19シーズンでは開幕からフル出場でバイエルン・ミュンヘンの7連覇に貢献し悲願のバロンドール獲得を見据えている。

ノイアー選手の評価
GKセンス
(5.0)
キック力
(4.5)
コーチング
(5.0)
ゴリ顔
(4.0)
将来性
(2.0)
総合評価
(4.5)

1位 ケイラー・ナバス(レアル・マドリード所属・コスタリカ代表)

f:id:sasitan:20180616183855j:plain

データ
  • 年齢 31歳
  • 身長 185cm
  • 体重 78kg
  • 利き足 右足

 

彼はレアル・マドリードに所属するコスタリカ代表GKだ。

チャンピオンズ・リーグで前人未到の3連覇を達成したレアル・マドリードにとって欠かせない存在であり3連覇したすべてのシーズンで彼がゴールマウスを守っていた。

 

経験・技術は世界トップクラスである。

彼の特徴はなんと言っても反射神経だろう。セービング能力はトップクラスであり、

身長は現代のGKとしては小さいもののバネを活かした跳躍力でカバーしている。

 

彼はいぶし銀の選手と言われておりスター性を考えたうえでレアル・マドリードからの移籍の噂が絶えないが実力は折り紙つき。

3連覇を果たしたクラブの正GKはだてじゃない。

 

所属クラブのレアル・マドリードはチェルシーのクルトア選手獲得に興味を示しているが、この選手の放出はクラブに多大な損失を与えることは間違いない!!

ナバス選手の評価
GKセンス
(5.0)
キック力
(4.0)
コーチング
(5.0)
ゴリ顔
(5.0)
将来性
(2.0)
総合評価
(4.5)

2018注目のゴールキーパーランキングまとめ

これまで5人のGKを見てきましたがクルトワ選手やオスピナ選手等まだまだ注目すべき選手が多くいます。

試合の流れが一瞬で変わるのがゴールでありそれよりも流れが来るのがビックセーブだと思う。

VAR導入によりPKやフリーキック等のセットプレーが増加することが予想されGKの重要度が更に高まります。その中で自らの実力を証明するビックセーブを連発してほしい!!

オリバーカーンってイカつくねぇ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です