無料でできるサッカーアプリランキングはこちら

【紙一重】日本がベスト8に近づいた瞬間サッカーロシアワールドカップ2018日本対ベルギー戦を振り返る

ロシアワールドカップカップ決勝トーナメント1回戦でのカードとなったこの試合。

日本代表を応援していたファンは歓喜絶望の両方を味わい、またサッカー熱が高まったのでは無いでしょうか?

撃ち合いにしなければ勝負にならない事は分かっていたが、こんなにも名勝負を演じてくれるなんて思わなかった。

正直ボコボコにされるのがオチじゃない・・・

と思っていた。

本当に反省します!!

あれだけ歴代最弱との評価を受けていたチームが堂々とベスト16

いや、あわやベスト8に手をかけていた。

全員が心を一つに勝利を欲して、相手との真剣勝負を演じる。

最高レベルの極限状態の中でこそスーパープレーは生まれる。

だからワールドカップは面白い。

緊張感がありながらも可能性を示した前半

日本代表は前半にディフェンスラインと前線をコンパクトにまとめ積極的に試合を進めていった。

香川真司オープニングシュートを皮切りに試合を落ち着かせるというよりも前に前に重圧をかけれていたと思う。

これはボール奪取を狙ったところで行えていた事と、大迫が相手を背負いながら起点になれるシーンが多くあった事でチームとして上手く試合に入れた。

f:id:sasitan:20180703185855j:plain

柴崎長谷部のパスが何度かカットされる場面が目立ち試合を支配するまでには至らなかった。

30分を過ぎた頃にはプレスに慣れてきた側面もありベルギーに主導権を握られる。

しかしヒヤリとする場面はあったが吉田麻也を中心に相手の攻撃を跳ね返し続けた。

f:id:sasitan:20180703185828j:plain

ここで大迫がもう少しボールを収められると違った展開になっていただろう。

日本は左サイドを中心に相手ゴールへ迫り

可能性を感じさせる内容であった。

0-0で前半を終え、特にディフェンス陣は確かな自信を感じていたのでは無いだろうか?

初のベスト8進出を感じさせた後半戦

待望の瞬間は後半早々に訪れた。

センターサークル付近で乾貴士からのパスを受けた柴崎岳のスルーパスに反応した原口元気がためを作り右足でクルトワの牙城を崩したのだ。

f:id:sasitan:20180703185951j:plain

きたーー!!

守備の男と言われてもおかしくないタスクをこなし続けた男の最高のゴールである。

もちろん点を取らないといけないベルギーは攻勢をすぐさまかけてきた。

右サイドを突破したメルテンスのパスは中央のアザールへと渡り鋭いシュートが日本ゴールのポストを直撃した。

試合が動き出す予感とともに嬉しい悲鳴が私を襲った。

香川真司からのパスを受けた乾貴士がペナルティーエリア手前の中央付近から無回転シュートを決めたのだ!!

ん?いやぁぁぁーー!!!!

信じられず一瞬戸惑った笑

f:id:sasitan:20180703190040j:plain

結果的にこの試合のターニングポイントであり決定的な仕事をロベルト・マルティネス監督が導き出す。

フェライニシャドリをピッチに送り出した。

ターゲットが多くなったベルギーはフェルトンゲンの技あり?まぐれ?(多分折り返し)のゴールで一点差とする。

その後もベルギーの圧力は強くペナルティーエリアに何度もクロスが供給され続けた。

f:id:sasitan:20180703190211j:plain

全員で跳ね返し続けるが後半29分にとうとうフェライニに押し込まれる。

フェライニは中に入ったり外に出たりマークし難いポジショニングを常にとっていた。

1点目のゴールの少し前にはフェライニが起点となってルカクのシュートを作っている。

2-2の同点ではあるが日本代表には停滞ムードが漂っており、追いついたベルギー代表の方がメンタルにおいて優勢だっただろう。

その後もベルギーの圧力に耐えながら日本も反撃に出ていた。

後半48分には途中出場の本田圭佑に最大の見せ場であるフリーキックが訪れたが、無回転シュートクルトワにセーブされてしまう。

やはり流石だと思ったのはあの距離で日本中が本田圭佑選手に期待したのではないでしょうか?

私は凄く期待していて彼の凄さに改めて気がつきました。

その1分後にゲームが決まる。

f:id:sasitan:20180703203007j:plain

日本のCKからクルトワがキャッチしデ・ブライネへ繋がる。右サイドを駆け上がったムニエから中央へパスが送られるとルカクがスルーして逆サイドにいたシャドリがフリーでゴールを叩き込んだ。

f:id:sasitan:20180703191212j:plain

周りの批判を覆し続けた日本代表への敬意

今大会に挑む日本代表は近年で最も期待感が薄いチームであっただろう。

ワールドカップ2か月前に直近の試合では結果が出ず、ハリルホジッチ監督の電撃解任から西野新監督を迎えての厳しい船出となった。

グループリーグの全試合敗戦もあり得るとの前評判でありながら優勝候補FIFAランク3位のベルギーを最後の最後まで追い詰めた。

この試合を含め、4試合全てで可能性を見せてくれてを見させてくれた。

本当に悔しいですが、今後日本サッカーを担うサッカー少年達にも彼らの気持ちは届いたと思う。

若手を出場させるだけが育成ではない。こういったを見せた試合を下の世代に感じてもらうことも育成ではないだろうか。

これがサムライ魂か。

私も少しサッカー上手くなった気がした。笑

本当にお疲れ様でした。

日本代表はまだ何も達成はしていない

f:id:sasitan:20180703203109j:plain

最後に期待を込めて厳しい事を言って締めます。

日本代表の最大の目標はベスト8でありベルギー戦では敗戦している。

原口元気は「今回のワールドカップに関しては、日本が進むべき道を示せたんじゃないかと思うし、クオリティを上げて、更に4年後に向けて個人としても、もう一つ上に行けるように。でも惜しいじゃダメだと思っていたし、正直、自分として一歩前に進めた感じはあるけど、本当に惜しいじゃダメだと思って入った試合だったから、惜しいで終わらせたくなかった」と語っている。

仰る通りなのだ。

8年前のPK戦も惜しい止まりで日本はを越えてはいないのだ。

南アフリカ大会もロシア大会も日本サッカーの歴史において成功として位置づけられるものだろうが、歴史を変えてはいないのだ!!

今大会の結果を考えたときに、

10人のコロンビア相手に辛勝したのみに終わった現実は受け止めるべきだろう。

ベルギー戦では一時2-0までいってからもオフェンシブに戦えていたので、試合運びに問題があったとは思わなかったが現実2-3と逆転されている。

試合の終わらせ方を考えるべきだと思う。

スペインやアルゼンチン、ドイツは国内でボロクソに言われている。

4年間無敗等ずっと強いチームであり続けながら本番で敗北すると叩かれる。

優勝チームは1チームだけなのだ。

日本は負けても褒める文化がある。

良い側面と悪い側面の2つがあるがメディアが上手くコントロールすることで日本サッカーはより強く発展していけるのではないだろうか。

本当に4年後に期待しております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です