森保JAPANの試合を全試合採点中!!

【2018年夏移籍情報完全網羅】混戦Jリーグ全順位大予想2018!!注目の優勝クラブはどこに?

どーも!さしたん(@football_sasi)です。

ワールドカップが始まりJリーグもお休みモードではありません。

34節の日程のうち15節を終えて色々なサプライズがあったJリーグ!

新しい監督や選手を迎えたチームにとっては連携を構築できる大切な時間であり、

ここからの逆襲が始まります!!

それではJリーグ順位予想を行います!

サンフレッチェ広島のサプライズ!!大混戦のJリーグ順位(8月9日時点)

1位 サンフレッチェ広島 勝ち点45

2位 FC東京 勝ち点40

3位 川崎フロンターレ 勝ち点36

4位 コンサドーレ札幌 勝ち点30

5位 ヴィッセル神戸 勝ち点29

6位 鹿島アントラーズ 勝ち点29

7位 セレッソ大阪 勝ち点29

8位 浦和レッズ 勝ち点28

9位 ジュビロ磐田 勝ち点28

10位 清水エスパルス 勝ち点27

11位 湘南ベルマーレ 勝ち点26

12位 ベガルタ仙台 勝ち点26

13位 柏レイソル 勝ち点23

14位 V・ファーレン長崎 勝ち点21

15位 横浜F・マリノス 勝ち点20

16位 サガン鳥栖 勝ち点18

17位 ガンバ大阪 勝ち点17

18位 名古屋 勝ち点16

注目チーム紹介

・躍進が光ったサンフレッチェ広島

f:id:sasitan:20180708202434j:plain

これらの順位や勝ち点を見ていくと特質すべきはやはり広島でしょう。

前年降格争いをしていたチームとは思えない強さを披露して勝ち点37を積み上げました。

後半失速気味ではありましたが2位のFC東京に勝ち点9差をつける独走です。

パトリックティーラシンの強力コンビの活躍が目立ちましたが、なんといっても失点8が際立ちます。

最後のゴール前での粘りが印象的でした。

最後までその一歩を続けられるかでしょう。

果たして逃げきれるのか?

・昨年王者川崎フロンターレ

f:id:sasitan:20180708202646j:plain

Jリーグ連覇を狙う王者はライバルチームから齋藤学を獲得したこと以外は大きな変化を好まなかった感じがした。

逆に言えばこのメンバーに対する自信を感じた。

戦いぶりは良い意味でも悪い意味でも安定という言葉がピッタリであった。

ACLでの敗退が決まりJリーグに集中するしかない。

選手層が厚いチームのマネジメントになるだろう。

・個の力はトップクラスセレッソ大阪

f:id:sasitan:20180708202824j:plain

セレッソは清武弘嗣山口蛍柿谷曜一朗杉本健勇らを要して現在勝ち点264位につけている。ホーム戦では強さを発揮しているがアウェイ戦では結果を残せていない。

前半戦では広島を止める事に成功しており終盤にかけて強さを見せた。

このブレイクはセレッソにとって追い風となりコンディション不良の選手がどれだけトップフォームに近づけるかが鍵だろう。

個の力はJリーグ屈指の選手を揃えており今後の飛躍が期待できるだろう。

・ヴィッセル神戸

f:id:sasitan:20180708203004j:plain

ロシアワールドカップでも活躍を見せたバルセロナのイニエスタ選手がやってくる。

彼抜きで戦った前半戦は勝ち点22の6位となった。

混戦模様のJリーグにおいて彼が与える影響は計り知れないと思う。

フォルランポドルスキジョーといった最近の名選手は一人で打開する事も出来たが、活かされるタイプの選手が多く日本で活きる事は無かった。

しかし彼は神戸の強力FW陣活かしてくれる事間違いなしと言っていいだろう。

特にポドルスキとの共演でのゴールは早々に来ると思う。

フォーメイションにもよるがMFでスペースを埋められる選手が必要となるだろう。

三田選手守備でのタスクを感じながらプレーできればチームとして幅が出てくると思う。

 

2018年夏の補強診断 大逆襲を果たすのはどのチーム?

サンフレッチェ広島

加入選手

FW べサルト・ベリーシャ(33)←メルボルン・ビックトリー

放出選手

DF 高橋壮也(22) →岡山(レンタル

DF 丹羽大輝(32) →FC東京

失速はほぼ避けられないと思いますがアドバンテージが大きい。

新加入のべサルト・ベリーシャが攻撃のアクセントになれば・・・

FC東京

加入選手

FW リンス(30) ←甲府 (レンタル

DF 丹羽大輝(32) ←広島

放出選手

MF 梶山陽平(32) →新潟 (レンタル

DF 丸山祐市(29) →名古屋

DF 吉本一謙(30) →福岡 (レンタル

丸山選手を放出しましたが丹羽選手を獲得。

新加入のリンス選手が2試合連続の決勝弾!サッカー界は仕上げのリンスが流行語になるかも!?

森重中心とした守りは固く不審に陥るとは考えにくい。

川崎フロンターレ

獲得選手

MF カイオ・セザル(23)←トンベンセ

放出選手

MF エドゥアルド・ネット(29) →名古屋

FW 大久保嘉人(36) →磐田

昨年の王者はこの2人が抜けても選手層はJリーグ屈指と評価

新加入のカイオはブラジル3部リーグからの挑戦で川崎のパスサッカーになれるには少し時間が必要かもしれない

コンサドーレ札幌

放出選手

MF 横山知伸(33)→熊本 (レンタル

開幕前に7人の大幅補強をしているためこの夏は目立った動きは無し

チャナティップとジェイは強力な選手ではあるがマークがキツくなる後半のプレー次第で評価が分かれてくるだろう。

ヴィッセル神戸

獲得選手

DF 大﨑玲央(27) ←徳島

MF イニエスタ(34) ←バルセロナ(スペイン)

FW 古橋亨梧(23) ←岐阜

放出選手

FW ハーフナー・マイク(31) →仙台 (レンタル

FW 小川慶治朗(26) →湘南 (レンタル

FW レアンドロ(33) →東京V

MF チョン・ウヨン(28) →アル・サッド

GK 吉丸絢梓(22) →徳島 (レンタル

イニエスタ効果は既にあらわれているか。

自慢のFW陣を大放出・・・小川は必要ではないだろうか?

問題であったディフェンダーは大崎補強でテコ入れ完了!

鹿島アントラーズ

獲得選手

DF チョン・スンヒョン(24) ←鳥栖

MF セルジーニョ(23) ←サントスFC

放出選手

FW ペドロ・ジュニオール(31) →武漢卓爾 (レンタル)

DF 植田直通(23) →セルクル・ブルージュ

FW 金崎夢生(29) →鳥栖

エースの金崎、日本代表の植田などの主力を放出。助っ人の補強は成功しているが・・・

まぁチームの格が違うとでしょう。徐々にチームも立て直しておりこれからは上を目指すだけ。

ノー問題ですACL出場権は確保すると見ました。

セレッソ大阪

加入選手

FW ピアス・ウェリング(19) ←メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)

怪我に苦しんだ印象の前半戦。

選手層も厚く面白い選手が多い、得点パターンも色々な想像ができシーズン後半ももう一段ギアを入れられると思います。

浦和レッズ

加入選手

DF 茂木力也(21) ←山形 (レンタル)

FW ファブリシオ(28) ←ポルティモネンセ

放出選手

DF 遠藤 航(25) →シント=トロイデン

遠藤航の放出は痛い・・・

しかしそれでも選手層はあついなぜ上手くいかないのか?

ベテランが多いので若手の突き上げが必要かも。

ジュビロ磐田

加入選手

FW 大久保嘉人(36) ←川崎

GK 志村 滉(22) ←水戸 (レンタル

名波監督の戦術は面白いですが、小林のような選手が現れて来ないと難しいような気がします。

志村選手が失点が多いこのチームに救世主になるか?

清水エスパルス

獲得選手

FW ドウグラス(30) ←アランヤスポル

放出選手

DF 呉 少聰(18) →京都 (レンタル

MF 清水航平(29) →甲府 (レンタル

MF 楠神順平(30) →山形 (レンタル

現在10位につける清水エスパルスですが降格争いをするのは間違いなさそうだ。

鄭大世などFW陣が積極的にシュートを放つ場面が多くポジティブではあるものの連携面でハテナマークがついている。

湘南ベルマーレ

加入選手

FW 小川慶治朗(26) ←神戸 (レンタル

FW 山﨑凌吾(25) ←徳島

15位は湘南ベルマーレです。

補強が出来なかったことで戦術によりディフェンスのテコ入れは急務ではあるがスタミナ自慢のウイングを揃えており走力戦に持つこむ戦いを毎試合出来れば降格は免れるのでは。

ベガルタ仙台

獲得選手

FW ハーフナー・マイク(31) ←神戸 (レンタル

MF 矢島慎也(24) ←G大阪 (レンタル

FW ラファエルソン(21) ←ECヴィトーリア

放出選手

MF 庄司悦大(28) →京都(レンタル

MF 金久保順(31) →京都

一人でチームを引っ張る選手がおらず、特出した若手選手もいない印象であるがベテラン選手が多く出場しており要所でのプレーは光る。これ以上の低迷は考えにくい。

中堅世代となった野津田岳人などがいいスパイスになれば・・・

補は間違いなくJリーグ屈指ですね!!

柏レイソル

獲得選手

DF ナタン・ヒベイロ(28) ←フルミネンセ (レンタル

DF 高木利弥(25) ←千葉

放出選手

DF ユン・ソギョン(28) →FCソウル (レンタル

DF 中谷進之介(22) →名古屋

FW ハモン・ロペス(28) →未定

下部組織選手を中心とするクラブ理念に則り連携は日本クラブ最強かもしれない。

放出選手が痛い・・・

V・ファーレン長崎

獲得選手

FW ハイロ・モリージャス(25) ←エスパニョール

DF ヨルディ・バイス(29) ←シドニーFC

MF 磯村亮太(27) ←新潟

放出選手

DF 乾 大知(28) →鳥栖 (レンタル

DF 田代真一(30) →横浜FC (レンタル

MF ベン・ハロラン(26) →未定

MF 碓井鉄平(26) →群馬 (レンタル

今年から挑戦となったJ1では勉強する事が多かったと思う。

ただ高い勉強料は支払う事になりそうだ。

横浜F・マリノス

獲得選手

DF ドゥシャン・ツェティノヴィッチ(29) ←ランス

放出選手

DF ミロシュ・デゲネク(24) →レッドスター

DF 金井貢史(28) →名古屋

まだまだ上手くいっていないですね・・・

ハイプレスへ挑戦していますが行くところと行かないところを上手くコントロールする事が出来れば良いチームになるのではと。

サガン鳥栖

獲得選手

FW フェルナンド・トーレス(34) ←アトレティコ・マドリー

DF 乾 大知(28) ←長崎 (レンタル

FW 豊田陽平(33) ←蔚山現代 (レンタル

FW 金崎夢生(29) ←鹿島

DF ジョアン・オマリ(29) ←アル・ナスル (レンタル

放出選手

MF 水野晃樹(32) →熊本 (レンタル

DF チョン・スンヒョン(24) →鹿島

今期加入のイバルボが怪我で本領発揮できないなかで、日本代表クラスの金崎、豊田を獲得し戦力アップ!!

さらにフェルナンド・トーレス加入で期待感しかない必ず上昇してくるだろう。

ガンバ大阪

獲得選手

MF 小野瀬康介(25) ←山口

放出選手

MF 矢島慎也(24) →仙台 (レンタル

MF 泉澤 仁(26) →東京V (レンタル

宮本監督に交代しても若手選手の登用が目立つガンバ大阪。

中村や初瀬といった選手を多く起用し新しいガンバ大阪の誕生を予期させるが、アデミウソンの怪我の影響もあり今期は準備の年と考えられる。

補強もなくフロントに問題を感じざる負えない

名古屋グランパス

獲得選手

DF 丸山祐市(29) ←FC東京

MF エドゥアルド・ネット(29) ←川崎

DF 中谷進之介(22) ←柏

MF 前田直輝(23) ←松本

DF 金井貢史(28) ←横浜

放出選手

DF イム・スンギョム(23) →木浦市庁

FW 松本孝平(24) →相模原 (レンタル

MF ワシントン(31) →山口

FW 押谷祐樹(28) →徳島

DF 畑尾大翔(27) →大宮 (レンタル

DF 内田健太(28) →山形 (レンタル

1部昇格からビークネーム獲得と開幕ダッシュなど勢いに乗るチームの筈であったが一度狂った歯車は止められずにいる。

J1での経験が豊富な選手を獲得できたことで反撃体勢は整ったか?

2018シーズン全チーム大胆予想

1位川崎フロンターレ

2位FC東京

3位サンフレッチェ広島

4位鹿島アントラーズ

5位ヴィッセル神戸

6位セレッソ大阪

7位浦和レッズ

8位柏レイソル

9位ジュビロ磐田

10位ベガルタ仙台

11位コンサドーレ札幌

12位サガン鳥栖

13位清水エスパルス

14位横浜FM

15位湘南ベルマーレ

16位名古屋グランパス

17位V・ファーレン長崎

18位ガンバ大阪

混戦Jリーグは皆さんの応援で順位も変わるよ

全チーム見てきましたがJリーグは非常に混戦でした。

皆さんの応援で順位が大きく入れ替わることも想定出来る程に混戦となり応援にも力が入りますね!

しかし私は独走態勢を狙えるだけのチームが必要だと思います。

この時点で2位以下だとサッカーファンでは無い人も噂する程に強いチームを作って欲しい。

選手層が厚いと思われているチームにおいても不振に陥っているチームもあるため何か改善策が必要ではないでしょうか?

日本版レアルマドリード計画を進めてほしい!!

今年の優勝予想は難しかったですが今後は4強はあのチームだろうと言えるリーグの体制になって欲しい!

あなたがそうなって欲しいチームは何処でしょうか?

私はFC東京です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です