無料でできるサッカーアプリランキングはこちら

優勝はフランス!!新時代到来を匂わせたロシアワールドカップの決勝を評価

ロシアワールドカップの決勝戦の対戦カードはフランス対クロアチア

クロアチアのここまでの戦いははサプライズと言えるのでは無いでしょうか?

果たしてどちらが勝つのか??

ここまでの試合結果からドキドキの結果を見ていきましょう!!

両国のこれまでの戦い

フランス

f:id:sasitan:20180716121416j:plain

グループ予選

フランス2-1オーストラリア

フランス1-0ペルー

フランス0-0デンマーク

ラウンド16

フランス4-3アルゼンチン

準々決勝

フランス2-0ウルグアイ

準決勝

フランス1-0ベルギー

フランスは攻撃的なチームではなくポグバがより守備意識を持ってプレーする事で守備的なチームと言っていいだろう。

前線のスペースにムバッペを走らせる事で戦い方が活きてくる事や五分五分のボールでマイボールにできる中盤がチームを勝利に導いてきた。

有利と言われる決勝戦は一発勝負であり大舞台で若いチームが冷静さを保てれば…

クロアチア

f:id:sasitan:20180716121542j:plain

クロアチア2-0ナイジェリア

クロアチア3-0アルゼンチン

クロアチア2-1アイスランド

ラウンド16

クロアチア1(3)-1(2)デンマーク

準々決勝

クロアチア2(4)-2(3)ロシア

準決勝

クロアチア2-1イングランド

クロアチアは全勝してきているが決勝トーナメントは全て延長に突入し120分戦い抜いてきている。

下馬評では疲れの影響から不利だと言われているが準決勝も同じ下馬評である。

決勝戦は一発勝負であり何とか先制点を奪いたい。

フランスの優勝!ワールドカップ2度目の優勝で真の強豪国へ!

f:id:sasitan:20180716121609j:plain

フランス対クロアチアの一戦はフランスが勝利した。

フランス4-2クロアチア

f:id:sasitan:20180716123141j:plain

運を味方に付けてきたクロアチアが決勝で、運に見放された様な印象。

サッカーは残酷かも知れない。

立ち上がりから積極的に入ったのがクロアチアであり、フランスがほとんどボールを収められない展開となった。

フランスも3トップが圧力をかける事で自慢の中盤がボールを奪いにいく。

しかしモドリッチを中心にボールを捌かれる。

クロアチアの強みはポジションチェンジにあると考える。

全員がシュートからチャンスメイクまで熟せる技術がありプレーの幅が広い事で左右中央関係なくポジションを取り、

ボール奪取に長けているフランスの中盤がクロアチアを掴まえきれない試合展開としていた。

1点目のオウンゴールは不運と言える。

ペリシッチの1点目は乗っているチームを象徴とするゴールであったが、逆にすぐPKを奪われて勝ち越されたのは気持ち的に難しくしてしまった印象です。

その後は一進一退の攻防と見えましたがゴールに迫っているのはクロアチアでした。

しかし今大会のフランスはベルギー戦を含め完全に押している展開と言うよりも耐えて耐えてゴールを奪うチームです。

特にグリーズマンは落ち着きを見せており、ベルギー戦後のクルトアのコメントにも勝ったことが全てだとコメントを残しております。

その落ち着きは試合にも出ておりポグバへの落としこパスは決勝戦でヒーローになる為にプレーしているのではなくチームの勝利第一主義が見てとれた。

若いチームと言われていたフランスですが若い選手達は既に国際大会やクラブでの経験が備わっており上手く試合運びをしていた印象です。

試合の中盤にはムバッペのゴールも決まり4-1となり試合が終了している様に思えましたが、

そこでもグリーズマンは身体を張りマイボールとするとただ前を向くのでは無く、落ち着いて時間をかけて攻める様仲間を鼓舞しました。

試合終了間際でも時間を作る為にドリブルを仕掛けており最後までスプリントをしていた姿は勝利だけを見つめており感動的でもありました。

ワールドカップを優勝するチームは実力だけでなくメンタルそして少しの運も必要になる事を教えてくれたと言えるでしょう!!

ヨーロッパサッカーが躍進!!フランス時代の到来か!?

f:id:sasitan:20180716123054j:plain

フランスは若い選手が多くおり、単純に4年後も出場できる選手が多いです。

今回のワールドカップ優勝を経験した選手達はクラブで更に経験を積んで代表へ帰ってくることになるでしょう。

まずは2年後のユーロ大会でチャンピオンがどのチームであるかを証明してほしいとともに試合内容の向上を図り歴代最強の無敵チームとなって欲しいです。

それだけのポテンシャルを持っているチームと断言できます。

しかしこの優勝でフランスの時代が到来したと安心ばかりはしていられないのが現状です。

4年前の優勝国でありワールドカップ本大会までは最強と言わしめていたドイツは今大会出場選手の平均年齢はフランスを下回っております。

4年前の優勝メンバーも多く残っており、上手く若手と融合させたレーヴ監督の手腕は高く評価されておりました。

しかし今大会の予選敗退でドイツ時代は一時終わりを迎えたと言っていいでしょう。

今大会で代表を去る選手も多くおり、新しい選手がチームに入ってくるのはチャンスです。どのチームも上を狙ってくるのは間違いなくフランスの脅威となるでしょう。

それでも勝ち続けるのがチャンピオンであり証明し続けて欲しいです。

今大会準決勝で敗退したベルギーイングランドも若手選手の起用が目立つチームの1つであり2年後のユーロ大会は更に高いレベルの大会となる事が予想できます。

フランスはベストヤングプレーヤーに選ばれたムバッペの成長が楽しみでなりません!

f:id:sasitan:20180716125729j:plain

ポグバデンベレなど1億ユーロを超える男の成長も楽しみですね!

今後の2年では代表チームの連携が更に高まってくると考えられ、クラブチームの様な試合を期待したいです!!

まとめ

f:id:sasitan:20180716125558j:plain

今大会優勝国のフランスはまとまったチームであり決める時に決める人が決めたという事でしょう。

準優勝国のクロアチアが大きなサプライズを残したこ事は間違いが無く、素晴らしいチームでした。

f:id:sasitan:20180716125624j:plain

若い選手の台頭やベテラン選手の代表引退など一つの節目になる大会であると感じました

f:id:sasitan:20180716125645j:plain

この大会からビッククラブでプレーする若手選手が増え高いレベルの試合を届けてくれる事を期待したいと思います!

ロシア大会は最高のワールドカップになったのでは無いでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です