Amazonでウイニングイレブン2019予約受付中

森保一監督に代わり2022年カタールワールドカップへサッカー日本代表の世代交代は絶対条件なのか? 

ロシアワールドカップの日本代表の平均年齢は28.6歳と高齢ジャパンと呼ばれ、日本代表で最も高い年齢となった。

しかし他国を見るとまだまだ年齢が高い選手が代表として活躍している国も多く見受けられます。

若いチームは多くの運動量を発揮してくれますが何人かのベテランがチームの方向性を示す事が重要になります。

4年後も日本代表として活躍できる選手を徹底分析したいと思います!!

ロシアワールドカップ出場国 平均年齢ランキング

平均年齢ランキング

1位 コスタリカ 29.6歳 予選敗退
2位 メキシコ 29.4歳 ベスト16
3位 パナマ 29.3歳 予選敗退
3位 アルゼンチン 29.3歳 ベスト16
5位 エジプト 29.0歳 予選敗退
6位 ロシア 28.8歳 ベスト8
7位 サウジアラビア 28.7歳 予選敗退
8位 ブラジル 28.6歳 ベスト8
8位 日本 28.6歳 ベスト16
8位 アイスランド 28.6歳 予選敗退
11位 スペイン 28.5歳 ベスト16
12位 ポルトガル 28.4歳 ベスト16
13位 ポーランド 28.3歳 予選敗退
14位 スウェーデン 28.2歳 ベスト8
15位 ウルグアイ 28.1歳 ベスト8
15位 オーストラリア 28.1歳 予選敗退
15位 コロンビア 28.1歳 ベスト8
18位 クロアチア 27.9歳 準優勝
19位 韓国 27.8歳 予選敗退
20位 ベルギー 27.6歳 3位
21位 ペルー 27.4歳 予選敗退
22位 イラン 27.2歳 予選敗退
22位 スイス 27.2歳  ベスト16
22位 セネガル 27.2歳 予選敗退
22位 モロッコ 27.2歳 予選敗退
26位 ドイツ 27.1歳 予選敗退
26位 デンマーク 27.1歳  ベスト16
28位 セルビア 26.8歳 予選敗退
29位 チュニジア 26.5歳 予選敗退
30位 イングランド 26.0歳 4位
31位 フランス 26.0歳 優勝
32位 ナイジェリア 25.9歳  予選敗退

日本代表はなんと8番目に年齢が高い国でした。
25.9歳~29.6歳と3.7歳しか差がないことが判明しました。

優勝候補と呼ばれていたブラジル代表となんと同じ年齢です。

ではブラジルでは高齢セレソンと果たして言われていたのでしょうか?

そんなことは断じてありません!!

ブラジル代表は最盛期を迎え絶対優勝だと信じているファンが多くいたのではないでしょうか?

もし4年後のカタールワールドカップで同じ選手が選ばれると単純計算で32.6歳になりますが、果たしてこれでは勝てないのでしょうか?

それでは個人に目を向け33歳以上の選手でロシアワールドカップに出場した選手を見ていきましょー!

技術と経験を兼ね備えたベテラン選手一覧

※33歳以上の選手を抽出しました。

ロシア代表
  • GKウラジミール・ガブロフ 34歳
  • DFセルゲイ・イグナシェヴィッチ 39歳
  • MFユーリ・ジルコフ 34歳
  • MFアレクサンドル・サメドフ 34歳
サウジアラビア代表
  • GKヤセル・アル・モサイレム 34歳
  • DFオサマ・ハウサウィ 34歳
  • MFタイシル・アル・ジャージム 34歳
エジプト代表
  • GKエッサム・エル・ハダリ 45歳
  • GKシェリフ・エクラミ 35歳
  • DFアーメド・ファティ 33歳
  • DFモハメド・アブデル・シャフィ 33歳
  • MFアブダラー・サイード 33歳
ウルグアイ代表
  • GKマルティン・シルバ 35歳
  • DFマキシ・ペレイラ 34歳
  • MFカルロス・サンチェス 33歳
ポルトガル代表
  • GKべト 36歳
  • DFブルーノ・アルヴェス 36歳
  • DFペペ 35歳
  • DFジョゼ・フォンテ 34歳
  • FWクリスティアーノ・ロナウド 33歳
  • FWリカルド・クアレスマ 34歳
スペイン
  • GKホセ・マヌエル・レイア 35歳
  • MFアンドレス・イニエスタ 34歳
モロッコ
  • MFカリム・エル・アフマディ 33歳
  • MFムバラク・ブスファ 33歳
イラン
  • DFペジマン・モンタゼリ 34歳
  • DFマスード・ショジャエイ 34歳
フランス
  • GKスティーブ・マンダンダ 33歳
オーストラリア
  • GKブラッド・ジョーンズ 36歳
  • GKダニー・ヴコヴィッチ 33歳
  • MFミル・ジェディナク 33歳
  • FWティム・ケーヒル 38歳
ペルー
  • DFアルベルド・ロドリゲス 34歳
  • FWパオロ・ゲレーロ 34歳
  • FWジェファルソン・ファルファン 33歳
デンマーク代表
  • MFミカエル・クローン・デリ 35歳
  • MFウィリアム・クヴィスト 33歳
アルゼンチン代表
  • GKウィリー・カバジェロ 36歳
  • MFハビエル・マスチェラーノ 34歳
アイスランド代表
  • GKハンネス・ソール・ハルドーソン34歳
  • DFビルキン・サエバルソン33歳
  • DFカリ・アルナソン 35歳
  • MFオラフル・スクラソン 35歳
  • MFミエル・ハルフレドソン 34歳
クロアチア代表
  • GKダニエル・スバシッチ 33歳
ナイジェリア代表
  • 該当者選手無し
ブラジル代表
  • DFチアゴ・シウヴァ33歳
  • DFミランダ33歳
  • MFフェルナンジーニョ33歳
スイス代表
  • DFシュテファン・リヒトシュタイナー 34歳
  • MFヴァロン・ベーラミ 33歳
コスタリカ代表
  • GKパトリック・ペンベルトン 36歳
  • DFジョニー・アコスタ 35歳
  • MFクリスティアン・ボラーニョス 34歳
  • MFダニエル・コリンドレス 33歳
  • MFランダル・アソフェイファ 33歳
セルビア代表
  • GKウラジミール・ストイコヴィッチ 35歳
  • DFアントニオ・ルカヴィナ 34歳
  • DFドゥシュコ・トシッチ 33歳
  • DFブラニスラフ・イヴァノヴィッチ34歳
ドイツ代表
  • FWマリオ・ゴメス33歳
メキシコ代表
  • GKヘスス・コロナ 37歳
  • GKアルフレード・タラベラ 35歳
  • GKギジェルモ・オチョア 35歳
  • MFラファエル・マルケス 39歳
  • FWオリベ・ペラルタ 34歳
スウェーデン代表
  • DFアンドレアス・グランクヴィスト 33歳
  • MFセバスティアン・ラーション 33歳
韓国
  • 該当者選手無し
ベルギー
  • 該当選手無し
パナマ代表
  • GKハイメ・ペネド 36歳
  • DFアドルフォ・マチャド 33歳
  • DFフェリペ・バロイ 37歳
  • MFガブリエル・ゴメス 34歳
  • FWブラス・ペレス 37歳
  • FWルイス・テハダ 36歳
チュニジア代表
  • GKアイマン・マスルーティ 33歳
イングランド代表
  • DFアシュリー・ヤング 33歳
ポーランド代表
  • GKウカシュ・ファビアンスキ 33歳
  • DFウカシュ・ピシュチェク 33歳
  • MFスワヴォミル・ペシュコ 33歳
セネガル
  • GKカディム・エンディ・アイェ 33歳
コロンビア代表
  • GKホセ・フェルナンド・クアドラード 33歳
  • DFファリド・ディアス 35歳
  • MFアベル・アギラール 33歳
日本代表
  • GK川島永嗣 35歳
  • MF長谷部誠 34歳

該当選手がいなかったチームは3人のみです。

どのチームでもベテラン選手がチームに帯同し、経験を若手選手に伝えることやチームの雰囲気作りを円滑に進める手助けをしている様です。

注目はGKとDFに多くの選手がおり経験が必要なポジションであると考えられます。

4年後も日本代表として残っている可能性がある選手は果たして?

ロシアワールドカップ日本代表選手一覧

日本代表選手年齢
  • GK川島永嗣35歳
  • GK東口順昭32歳
  • GK中村航輔23歳
  • DF長友佑都31歳
  • DF槙野智章31歳
  • DF吉田麻也29歳
  • DF酒井宏樹28歳
  • DF酒井高徳27歳
  • DF昌子源25歳
  • DF遠藤航25歳
  • DF植田直通23歳
  • MF長谷部誠34歳
  • MF本田圭佑31歳
  • MF乾貴士29歳
  • MF香川真司29歳
  • MF山口蛍27歳
  • MF原口元気27歳
  • MF宇佐美貴史26歳
  • MF柴崎岳26歳
  • MF大島僚太25歳
  • FW岡崎慎司32歳
  • FW大迫勇也28歳
  • FW武藤嘉紀25歳

代表引退を表明しているのは長谷部誠選手・本田圭佑選手・酒井高徳選手

現在30代の選手でもGKの東口選手やDFの長友選手・槙野選手はカタールワールドカップに出場していてもおかしくないと言えます。

しかし現在32歳の岡崎選手は厳しい立場にあると言えます。

逆に香川選手・乾選手・大迫選手は大きなインパクトを残せれば選ばれること間違いなしの年齢です。

世代交代は下の突き上げが必要だー!

代表引退をする選手3人と岡崎選手の4人の枠は空く可能性が高いですが、逆に言えば4枠しか空きません。

現在の選手が自分のクラブで大きいインパクトを残し続ければ日本代表の地位を確立できるでしょう。

若手の選手は少ないチャンスを掴み取ることが出来る選手であることが求められると思います。

本田圭佑選手も経験あるベテラン選手に割って入ることで日本代表の絶対エースに成長しました。

1年間の活躍で留まることなく2年目は更に進化してほしいです!!

ニューヒーロー求む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です