最高に熱いおすすめのサッカー漫画教えます!!

【最新のJリーグMFランキング】2018年の最新ミッドフィルダー事情はこれだ!

どーも!さしたん(@football_sasi)です。

サッカーで一番ボールが集まる場所はセンターサークル付近です。

試合中一番激しい戦いが起こる場所に位置するポジションはMFです。

MFはDFやFWと違いオフェンスとディフェンスの両方のタスクを与えられる事となります。

万能型の選手から特出した強みを持つ選手などチームに与える影響力は計り知れません。

そんなMFのポジションで優れた能力を持つ選手をランキングにしました。

それでは見ていきましょう!

日本人が活きるポジションである2018年最新MFランキング

第5位 ロンドン世代の10番 東慶悟

基本データ
  • 生年月日 1990年7月20日(28歳)
  • 身長 178cm
  • 体重 72kg
  • 在籍クラブ FC東京
  • 利き足 右足

経歴

  • 2009-10
    大分トリニータ時代
    • 第16回アジア競技大会優勝に貢献
  • 2011-12
    大宮アルディージャ時代
    • ロンドンオリンピックベスト4に貢献
    • A代表に初選出
  • 2013~
    FC東京時代
    • J1通算200試合を達成

日本代表選出も経験した万能型MFです。

ロンドン世代の10番を背負い将来を渇望された選手はFC東京へのチーム貢献度NO.1です。

トップ下、インサイドハーフ、ボランチ、ウイングの全てのポジションを高いレベルでこなせる選手で、森保ジャパン招集の噂が飛び交っております。

得点能力を上げることが課題でしたが、日本代表に入れば得点能力はいらないかもしれない。

東選手の評価
決定力
(4.0)
守備力
(3.0)
キープ力
(4.0)
パス
(3.5)
センス
(3.5)
総合評価
(3.5)

第4位 広島のバンディエラ 青山敏弘

基本データ
  • 生年月日 1986年2月22日(32歳)
  • 身長 174cm
  • 体重 75kg
  • 所属クラブ サンフレッチェ広島
  • 利き足 右足

経歴

  • 2004~
    サンフレッチェ広島時代
    • J1リーグ優勝3回
    • J2リーグ優勝1回
    • ゼロックススーパーカップ4回
    • JリーグMVP
    • Jリーグベストイレブン3回

日本屈指のゲームメーカー!

クラブワールドカップでの無回転シュートで話題をさらった選手である。

ベストイレブンに3回、MVP1回と存在感を示している選手だが、一番の特徴は前線へのスルーパスです。

視野が広く佐藤選手や浅野選手等、裏に抜け出すタイプの選手は彼に活かされている

彼の落ち着きはチームを一つ上へと引き上げてきた。

青山選手の評価
決定力
(3.5)
守備力
(3.5)
キープ力
(4.0)
パス
(5.0)
センス
(4.0)
総合評価
(4.0)

第3位 無尽蔵のスタミナを誇る 山口蛍

基本データ
  • 生年月日 1990年10月6日(27歳)
  • 身長 173cm
  • 体重 72kg
  • 所属クラブ  セレッソ大阪
  • 利き足 右足

経歴

  • 2009-15
    セレッソ大阪
    • 山口螢から山口蛍へ登録変更
    • Jリーグベストイレブン1回
    • 東アジアカップMVP
  • 2016
    ハノーファー96
    • シーズン6試合の出場にとどまる
  • 2016~
    セレッソ大阪
    • J1昇格に貢献
    • Jリーグベストイレブン

無尽蔵のスタミナで縦横無尽にピッチを走り回る選手である。

ボール奪取が得意というよりもスペースを埋める事や、パスコースをなくす事が得意な選手です。

積極的に縦へのパスを出せる選手でしたが、日本代表では優等生のプレーに終始している印象ですので長谷部キャプテンが抜けた穴を埋めてほしいところです。

山口選手の評価
決定力
(3.5)
守備力
(4.5)
キープ力
(4.0)
パス
(3.5)
センス
(3.5)
総合評価
(4.0)

第2位 司令塔の雰囲気満々 大島僚太

基本データ
  • 生年月日 1993年1月23日(25歳)
  • 身長 168cm
  • 体重 64kg
  • 所属クラブ 川崎フロンターレ
  • 利き足 右足

経歴

  • 2011~
    川崎フロンターレ時代
    • J1リーグ優勝1回
    • Jリーグ優秀選手3回

類まれなパスセンスや高い技術力で王者川崎の10番を背負う若き日本代表戦士である。

近年はディフェンス意識が高く攻守の切り替えが速いのが印象です。

今後の課題は得点能力の向上である!

リオ五輪では期待されるもグループリーグ敗退、ロシアワールドカップA代表では選出されるも出場なしと苦渋をなめているだけに今後の躍進が待たれるところです。

大島選手の評価
決定力
(4.0)
守備力
(3.5)
キープ力
(4.5)
パス
(4.5)
センス
(5.0)
総合評価
(4.5)

第1位 日本NO.1の技術力を誇る 清武弘嗣

基本データ
  • 生年月日 1989年11月12日(28歳)
  • 身長 172cm
  • 体重 66kg
  • 所属クラブ セレッソ大阪
  • 利き足 右足

経歴

  • 2008-09
    大分トリニータ時代
    • Jリーグカップ1回
  • 2010-12
    セレッソ大阪時代
    • Jリーグベストイレブン1回
  • 2012-14
    ニュルンベルグ時代
    • ブンデスリーグ4位となる10アシストを記録
  • 2014-16
    ハノーファ96時代
  • 2016-17
    セビージャ時代
  • 2017~
    セレッソ大阪時代
    • Jリーグカップ1回
    • 天皇杯全日本サッカー選手権大会

ロンドンオリンピックは清武世代とも言われベスト4に貢献。

彼の一番の魅力は高い精度で繰り出されるパスにあるが、それを引き出させるのがドリブルでしょう。

彼のドリブルは突破するためのものとパスコースを作るものがあるが、状況に応じてドリブルの質を変えている様に思います。

細部にまで突き詰める彼の技術力は世界トップクラスです。日本人選手では一番です。

日本代表では彼が一番輝けるトップ下のポジションを用意してください!!

清武選手の評価
決定力
(4.5)
守備力
(3.0)
キープ力
(4.5)
パス
(5.0)
センス
(5.0)
総合評価
(4.5)

日本代表の魅力はMFというポジションに凝縮されている

今回はJリーグに所属するMFランキングを作成しました。

日本人の技術力は間違いなく世界とも戦えるものになってきています。

しかし身体的特徴を活かした世界のサッカーに通用するためにはこの技術力を更に追求していく事が求められるでしょう。

日本代表で黄金の中盤を構成する為の準備は整っているといってもいいでしょう

あとは高い技術力を活かすシステムの構築が必要になるでしょう。

日本代表はワールドカップ優勝を目標に掲げる事が出来るでしょう!!

ゼロトップ復活祭やー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です