サッカー見るならDAZNなのか解説!

【GKランキング2020】最新ゴールキーパー事情はこれだ!ノイアーの次は誰?

現役選手であり生きる伝説であるジャンルイジ・ブッフォンは言いました。

「フットボールは実に単純だ。俺がシュートを全て止めればチームが負けることはない。」

 

この言葉のとおり試合の勝敗を一手に引き受けているポジションと言っても過言ではありません!!

では2020年注目のGKについて語っていきまーーーす

 

注目GKランキング2020

第7位 ウーゴ・ロリス(トッテナム所属・フランス代表)

 

この投稿をInstagramで見る

 

uhlsport official instagram(@uhlsport_jp)がシェアした投稿

基本データ
  • 生年月日 1986年12月26日(執筆時33歳)
  • 身長 188cm
  • 体重 82kg
  • 国籍 フランス
  • 利き足 左足

 

イングランドの名門トッテナム・フランス代表ではともに絶対的守護神として活躍しております。

キャプテンも任されておりプレーだけでなくメンタルの部分においても重要な役割を任せられております。

 

彼の特徴はなんと言ってもシュートストップ技術の高さです。

驚異的な反応で幾度となくシュートをシャットアウトしてきました。

 

世界最強のパワーシュートが飛んでくるイングランド・プレミアリーグにおいて長きにわたり安定した活躍を見せており存在感が感じられるプレイヤーです。

フランス代表の優勝に彼の活躍は必要不可欠でした。

 

ロリス選手の評価
GKセンス
(4.0)
キック力
(4.0)
コーチング
(5.0)
ゴリ顔
(3.0)
将来性
(2.5)
総合評価
(3.5)

 

第6位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスターU所属・スペイン代表)

 

この投稿をInstagramで見る

 

David De Gea(@d_degeaofficial)がシェアした投稿

基本データ
  • 生年月日 1990年11月7日(執筆時29歳)
  • 身長 192cm
  • 体重 76kg
  • 国籍 スペイン
  • 利き足 右足

 

長きに渡りイングランドの名門マンチェスターUで活躍し続けている選手です。

彼の特徴は手足の長さ

反射神経もよくシュートストップ能力は桁違いと言えます。

 

フィード能力にも長けておりチャンスシーンを幾度となく演出しています。

因みに彼が世界のGKの中での最高年棒であり年棒19億円にも上ると言われている。

 

海外紙ではロシアワールドカップのワーストイレブンに選出されてしまいました。

以降もプレミアで凡ミスを繰り返すなど世界最強と言われた時代よりも後退した印象がありますが、必ず復活できる精神力と技術力を兼ね備えていることから期待してます。

 

デ・ヘア選手の評価
GKセンス
(3.5)
キック力
(4.0)
コーチング
(4.0)
ゴリ顔
(4.5)
将来性
(3.5)
総合評価
(3.5)

 

第5位 マヌエル・ノイアー(バイエルン所属・ドイツ代表)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Manuel Neuer(@manuelneuer)がシェアした投稿


基本データ
  • 生年月日 1986年3月27日(執筆時33歳)
  • 身長 193cm
  • 体重 92kg
  • 国籍 ドイツ
  • 利き足 右足

 

言わずと知れた世界最高のGKでした。

彼は11人目のフィールドプレイヤーと称され守備範囲は世界一でありディフェンスラインの裏を常にカバーしています。

足元の技術にも長けておりフィードでは局面を打開することができます。

 

それだけではなく反応速度もトップクラスでありGKに求められる全ての能力を備えているGKと言えるでしょう。

 

しかし怪我から復帰して以降は飛び出しのタイミングやシュートストップの精度に衰えが見えています。

バイエルンは来夏にドイツの逸材アレクサンダー・ニューベルの加入が決定しており、スタメン争いがどうなるか注目です。

 

ノイアー選手の評価
GKセンス
(4.5)
キック力
(5.0)
コーチング
(4.0)
ゴリ顔
(4.0)
将来性
(1.5)
総合評価
(4.0)

 

第4位 クルトア(レアルマドリード所属・ベルギー代表)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thibaut Courtois(@thibautcourtois)がシェアした投稿


基本データ
  • 生年月日 1986年3月27日(執筆時27歳)
  • 身長 199.4cm
  • 体重 96kg
  • 国籍 ベルギー
  • 利き足 左足

 

銀河系軍団の最後尾を任される選手です。

このランキングで一番高い199cmです。

 

その高さを利用したハイボール処理は世界トップクラスです。

もちろんシュートストップもレベルが高いですが、腰より下のボールへの反応には課題を残します。

 

自信家と知られ精神面に不安を残していることからジダン監督の信頼を得ていませんでしたが、2020シーズンではスタメンを確保し安定したプレーを披露し始めています。

 

クルトア選手の評価
GKセンス
(4.0)
キック力
(3.5)
コーチング
(3.5)
ゴリ顔
(3.0)
将来性
(4.5)
総合評価
(4.0)

 

第3位 アリソン(ローマ所属・ブラジル代表)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alisson Becker(@alissonbecker)がシェアした投稿


基本データ
  • 生年月日 1992年10月2日(執筆時27歳)
  • 身長 191cm
  • 体重 91kg
  • 国籍 ベルギー
  • 利き足 左足

 

現在の世界最強クラブリヴァプールの正守護神です。

彼の特徴は長い手足を活かしたセービング能力です。

 

足元の技術が求められるとする現代のGK像ではなく昔ながらのGK像に近いタイプです。

彼自身が目標としているのはジャンルイジ・ブッフォンであり、彼のプレースタイルを追求した若きGKではないでしょうか。

 

彼は「おっ」と思わせるスーパーセーブが多いのが特徴ですね。

大舞台でも圧巻のプレーを披露しており世界3大キーパーの一人でしょう。

 

アリソン選手の評価
GKセンス
(4.5)
キック力
(4.0)
コーチング
(4.0)
ゴリ顔
(5.0)
将来性
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

第2位 テア・シュテーゲン(バルセロナ所属・ドイツ代表)

@teamterstegenがシェアした投稿

基本データ
  • 生年月日 1992年4月30日(執筆時27歳)
  • 身長 187cm
  • 体重 85kg
  • 国籍 ドイツ
  • 利き足 右足

 

セービング能力が秀でておりバルセロナを何度も救っています。

ドイツ代表ではノイアーに守護神を奪われているがバルセロナでのプレーを見て分かる通り実力は折り紙つきです。

 

足元の技術が優れており後方からのビルドアップや決定的なパスを送ることができます。

更に現代のGKの流行りと言える飛び出しもタイミングが良く守備範囲の広さもワールドクラスと言えます。

 

1対1の反応にも磨きがかかっており今後数年は彼がGK界を牽引していく事になると断言できる存在です。

 

テア・シュテーゲン選手の評価
GKセンス
(5.0)
キック力
(5.0)
コーチング
(4.0)
ゴリ顔
(2.5)
将来性
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

第1位 ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード所属・スロベニア代表)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jan Oblak(@oblakjan)がシェアした投稿


基本データ
  • 生年月日 1993年1月7日(執筆時27歳)
  • 身長 188cm
  • 体重 83kg
  • 国籍 スロベニア
  • 利き足 右足

 

シュートストップ能力が異常なレベルです。

モダンで堅実なタイプのGKでピンチでの落ち着きは素晴らしいです。

 

相手との間合いをしっかり意識しておりシュートコースをなるべくきってシュートを打たせている印象

空間を支配し主導権を握っていることがスーパーセーブに繋がっていると思います。

 

長身ではないもののリーチが長く堅守のアトレティコに必要不可欠な存在です。

チームが更に強くなれば自ずと彼のプレーが注目されること間違いなしです。

 

オブラク選手の評価
GKセンス
(5.0)
キック力
(4.0)
コーチング
(4.5)
ゴリ顔
(4.5)
将来性
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

ゴールキーパーランキング2020まとめ

これまで7人のGKを見てきましたが試合の流れが一瞬で変わるのがゴールであり、それよりも流れが来るのがビックセーブだと思います。

VAR導入によりPKやフリーキック等のセットプレーが増加している現在ではGKの重要度が更に高まっています。

 

その中で自らの実力を証明するビックセーブを連発してほしいです!!

 

オリバーカーンってイカつくねぇ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です