無料でできるサッカーアプリランキングはこちら

【板倉滉】プレースタイル/プロフィール/経歴を紹介!期待の大型ボランチの登場か!?

若手選手が大好きな情報通の皆さんどーも!さしたん(@football_sasi)です。

 

マンチェスターCに移籍したことで知っている方もいるのではないでしょうか?

今回はセンターバックやボランチとして活躍している板倉滉選手です。

 

爽やかイケメンで長身と人気が出そうなサッカーCBなので要チェックです!!

 

 

《板倉滉》プロフィール/ポジション/特徴を紹介!!

《板倉滉》プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kou Itakuraさん(@kouitakura)がシェアした投稿


  • フリガナ:イタクラ コウ
  • 生年月日:1997年1月27日(執筆時22歳)
  • 出身地:神奈川県横浜市青葉区
  • 身長:186cm
  • 体重:75kg
  • 利き足:右足

 

 

《板倉滉》経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kou Itakuraさん(@kouitakura)がシェアした投稿

経歴

  • 2015-18
    川崎フロンターレ時代
    • 小学校4年生から川崎フロンターレの下部組織に入団し、U-18ではキャプテンを務める。
    • AFCチャンピオンズリーグで初得点を記録するも、出場機会に恵まれず期限付き移籍を決断。
  • 2018
    ベガルタ仙台時代
    • 開幕戦でJ初ゴールを記録し、中心選手として活躍
    • 13勝6分15敗(勝ち点45)の11位でJ1残留に貢献する。
  • 2019
    フローニンゲン時代
    • 正式な移籍先はマンチェスターCですが、A代表歴が無くイングランドでの労働許可証が取得できないため期限付き移籍でフローニンゲンへ移籍しています。

 

また東京五輪世代中心のアンダー世代日本代表にU-18から常に招集されチームに欠かせない存在となっています。

 

 

《板倉滉》プレースタイルとポジション

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kou Itakuraさん(@kouitakura)がシェアした投稿

 

まずは強みを見ていきましょう。

  • ユーティリティー性
  • 空中戦
  • 落ち着いた判断力

 

強み1:センターバック、サイドバック、ボランチのポジションを高いレベルでこなすことが出来るユーティリティー性はとても評価できます。

数が限られる招集枠の中で全てをカバーできる選手というのは監督にとって希少な選手です。

 

 

強み2:身長を生かした空中戦が強みとなっています。

セットプレーのターゲットとしても機能しており、ボールの落下点を早く見極めてコースに入ることが出来る選手です。

 

強み3:落ち着いた判断力

キャプテンをしている通り、チームに落ち着きを与えることが出来る選手です。

ボールロストせず繋ぐことができ展開力も兼ね備えています。

 

仙台にいた頃のように3バックのサイドが一番能力を発揮できる場所だと思っています。

ビルドアップ能力に加え体の強さを活かすことが出来るポジションだからです。

 

 

しかし器用貧乏ともいえ、現状では特質した能力を活用しているとは言い難いです。

これから高いレベルを経験し如何に長所を伸ばしていけるのかが選手としての価値を大きく左右しそうです。

 

 

どのぐらい凄いの?ウイイレの評価は?
2018 2019 2020
ポジション CB CB CB
総合値 64 68 67

 

管理人の評価

評価
キープ力
(3.0)
守備力
(3.5)
パスセンス
(2.0)
展開力
(2.5)
スター性
(4.0)
総合評価
(3.0)

 

日本代表での現在地

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kou Itakuraさん(@kouitakura)がシェアした投稿

前述したように東京五輪日本代表世代に常に招集されています。

サッカーファンの方はご存知の通りアンダー世代もA代表監督の森保監督が指揮しているので、監督の求めるものは熟知していると思います。

 

そして東京世代を中心としたコパアメリカで招集されて以降も、A代表に招集され続けています。

A代表ではボランチとしてテストされており日本代表待望の大型ボランチとして期待されています。

 

しかしA代表の現状出場機会には恵まれていないですが、東京五輪では日本の中心選手として活躍すること間違いなしの選手です。

 

A代表招集前には同じチームにいた堂安選手にライバル心を燃やしています。

「いい刺激になる一方で、悔しい思いもある。例えば、あいつがA代表に行って自分はアンダー世代の代表に行くわけですから、そこの悔しさはありますよね。だけど、自分の身近にああいった存在がいるので、負けたくないという気持ちで毎日練習ができる。それは刺激しかないです」

 

 

まとめ

マンチェスターCへの移籍というだけで大注目の若手選手でしたね〜

最近は若手選手の青田買いが流行っているのでチームに馴染めるかは分からないですが、チームの目にとまったことは確かなので是非活躍して欲しいです。

 

そして我らが日本代表にも還元できるユーティリティー選手として成長して欲しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です