サッカー見るならDAZNなのか解説!

Jリーグ2020年シーズン優勝予想!1位から全順位を徹底予想!

2019年シーズンの優勝は横浜FMでした〜

おめでとうございます!!

 

FC東京は最終戦のディエゴオリベイラの欠場と33節の引き分けが響きましたね〜

 

2020年シーズンが一体どうなるのか全順位を予想していきたいと思います!!

それでは早速見ていきましょ〜

 

 

Jリーグ2020年シーズン優勝予想!

2019年シーズン順位表

チーム名 勝ち点 得点 失点 得失点
1 横浜F・マリノス 70 68 38 +30
2 FC東京 64 46 29 +17
3 鹿島アントラーズ 63 54 30 +24
4 川崎フロンターレ 60 57 34 +23
5 セレッソ大阪 59 39 25 +14
6 サンフレッチェ広島 55 45 29 +16
7 ガンバ大阪 47 54 48 +6
8 ヴィッセル神戸 47 61 59 +2
9 大分トリニータ 47 35 35 0
10 北海道コンサドーレ札幌 46 54 49 +5
11 ベガルタ仙台 41 38 45 -7
12 清水エスパルス 39 45 69 -24
13 名古屋グランパス 37 45 50 -5
14 浦和レッズ 37 34 50 -16
15 サガン鳥栖 36 32 53 -21
16 湘南ベルマーレ 36 40 63 -23
17 松本山雅FC 31 21 40 -19
18 ジュビロ磐田 31 29 51 -22

 

J2に降格したのは松本山雅FCとジュビロ磐田です。

今年のプレーオフは16位の湘南ベルマーレとJ2の4位である徳島ヴォルティスが対戦し1-1の引き分けとなりました。

規定により結果として湘南ベルマーレが来年もJ1で戦うことになりました。

 

J2からは柏レイソルと横浜FCが上がってきます。

それでは全順位予想に移りたいと思います。

 

 

 

Jリーグ2020年シーズン全順位予想

 

優勝予想 川崎フロンターレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kawasaki Frontale(@kawasaki_frontale)がシェアした投稿


2019年成績:4位:勝ち点60(19勝8負7分)

優勝は川崎フロンターレと予想しました〜

57得点34失点の昨シーズンは強さを見せながらも勝負所で失点し引き分けという場面が目立ちました。

 

一時代の強さを考えればピークを終えた選手が目立ちますよね。

 

しかしディフェンダーは谷口選手を中心にまとまればさらに失点が消えるでしょう。

攻撃陣はさらに得点を減らす恐れがありますが、レアンドロダミアンがもっとフィットすればさらに上を狙えると思います。

 

長谷川選手と脇坂選手の成長に期待です。

 

 

2位予想 横浜F・マリノス

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜F・マリノス(@yokohamaf.marinos)がシェアした投稿


2019年成績:優勝:勝ち点70(22勝8負4分)

2位予想は2019シーズンの優勝チームである横浜FMです。

68得点はJリーグ1位で、その破壊力は凄まじいです。

 

個の力が高くてどこからでも1対1が勝負できるのがチームの売りですよね。

中川選手もマルコスジュニオール選手も残留は大きいですね。

遠藤選手の更なる活躍があれば一気に黄金時代の到来も見えてきますね〜

 

サイドバックの松原選手が移籍となりましたが、サイドバックの動きはそのまま継続するのでしょうか?

 

 

3位予想 ガンバ大阪

 

この投稿をInstagramで見る

 

ガンバ大阪(@gambaosaka_official)がシェアした投稿


2019年成績:7位:勝ち点47(12勝11負11分)

 

54得点48失点と宮本監督の2シーズン目もパッとしない成績でした。

しかし宇佐美選手や井手口選手がトップフォームに近づけば一気に覚醒するでしょう。

 

得点力は上がると予想できるので守備の整理をどうするか宮本監督の手腕が試されそうです。

 

 

さらに補強で戻ってきた市丸瑞希選手は期待している選手なので活躍して欲しいです。

 

 

4位予想 鹿島アントラーズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

鹿島アントラーズ公式(@kashima.antlers)がシェアした投稿


2019年成績:3位:勝ち点63(18勝7負9分)

 

毎年毎年上位に来る最近一番堅実なチームですよね。

杉岡選手に和泉選手、奈良選手と実績のある若手選手を補強しています。

 

高卒ルーキーの染野選手と松村選手も楽しみな選手です。

 

個人的にCBに不安を抱えていたこと、違いを作れる選手がいないことが弱点だと思っていたのでピンポイントでいい補強をしていると思います。

 

しかしセルジーニョ選手が報道通りに移籍するとなれば戦力低下は必死で4位までとしました。

 

 

5位予想 セレッソ大阪

 

この投稿をInstagramで見る

 

セレッソ大阪|CEREZO OSAKA Official(@cerezo_osaka)がシェアした投稿


2019年成績:5位:勝ち点59(18勝11負5分)

 

39得点25失点の昨シーズンは5位に終わりました。

失点25は文句なしにJ1トップで継続できれば大崩れは無いでしょう。

 

攻撃陣では豊川選手が海外から戻ってくるので注目です。

今シーズンは活躍できなかもしれませんが、ユースから4人引き揚げ西川選手を含めた2人の高卒選手が加入と将来に繋がりそうです。

 

清武選手!!!!

早く日本代表に必要と呼ばれるぐらい大活躍して下さい!!

 

 

6位予想 名古屋グランパス

 

この投稿をInstagramで見る

 

名古屋グランパス / Nagoya Grampus(@nagoyagrampus)がシェアした投稿


2019年成績:13位:勝ち点37(9勝15負10分)

45得点50失点で得失点-5と下位に沈むチームの中で奮闘したチームです。

問題は失点の多さです。

DF陣は4人が集中的に試合に出ており、もう一枚主力となれる選手が必要ですね。

補強していないので宮原選手と中谷選手の成長に期待しているのでしょうか。

 

攻撃陣は私一押しの前田選手が更なる活躍を見せて欲しいですし、シャビエルやシミッチなど駒は揃っているだけに復活がありそうです。

 

 

7位予想 ヴィッセル神戸

 

この投稿をInstagramで見る

 

VISSEL KOBE | ヴィッセル神戸(@visselkobe)がシェアした投稿


2019年成績:8位:勝ち点47(14勝15負5分)

61得点59失点の昨シーズンはJリーグ2位の得点力を誇ります。

正直、ポドルスキが退団しましたが既に全盛期の力はなかったので更に強化されることになりそうです。

 

イニエスタ選手がいるのでそれを活かす選手と守備を補う選手がいれば勝利は近づくでしょう。

大型補強から常に良い選手を取り続けているだけに結果を求めたいですね。

 

昨年の天皇杯のタイトルが功績を物語っており、来シーズン楽しみなチームの1つです。

 

 

 

8位予想 サンフレッチェ広島

 

この投稿をInstagramで見る

 

サンフレッチェ広島(@sanfrecce.official)がシェアした投稿


2019年成績:6位:勝ち点55(15勝9負10分)

45得点29失点で6位フィニッシュした広島が8位です。

やはりこのチームも守備陣がしっかりしているので大崩れしないでしょう。

なんだかんだいつも上位にいますよね笑

 

しかし課題はゴールゲッターがいないことでしょう。

中盤には森島選手や川辺選手、野津田選手など多くの若手タレントが揃っていますが、ストライカーが決まりませんね。

 

助っ人外国人が活躍を見せればまだまだ順位を上げられるチームです。

9位予想 柏レイソル

 

この投稿をInstagramで見る

 

KashiwaReysolOfficial(@kashiwareysol_official)がシェアした投稿


2019年成績:J2優勝:勝ち点84(25勝8負9分)

85得点33失点と圧倒的強さでJ2を制した柏の勢いを押します!!

前回はJ2昇格年に優勝しただけに期待は高まります。

 

ストロングポイントは圧倒的な攻撃力です。

江坂選手や瀬川選手、クリステアーノ選手とJ1でも通用するタレントがいます。

 

問題は守備陣でしょう、明らかにJ2とJ1のレベルは違うので如何に対応できるかがポイントでしょう。

J2上がりのチームが直ぐに叩きのめされる現状で真価が問われる1年となりそうです。

 

 

10位予想 北海道コンサドーレ札幌

 

この投稿をInstagramで見る

 

北海道コンサドーレ札幌[公式](@hokkaido_consadole_sapporo)がシェアした投稿


2019年成績:10位:勝ち点46(13勝14負7分)

54得点49失点のコンサドーレ札幌は昨年と同じく10位としました。

天皇杯準優勝の実力もありますが、まだまだ1年を通して実力を発揮できるかといえば疑問です。

 

スタメンは揃っていますし一人一人のCFの実力は確かです。

中和剤となり得るチャナティップのような選手がもう一人いてくれるともっと上に行けそうですが…

 

11位予想 FC東京

 

この投稿をInstagramで見る

 

FC東京【公式】(@fctokyoofficial)がシェアした投稿


2019年成績:2位:勝ち点63(19勝8負7分)

46得点29失点で2位だったFC東京ですが、この勢いは続かないと予想します。

守備陣は長谷川健太監督の元整備されていましたが、今季は最高の出来だったんじゃないでしょうか?

 

そして攻撃陣も永井が好調を維持できないような気がします。

アダイウトンなどの補強した外国人選手の活躍が成績を分けそうです。

 

 

12位予想 浦和レッズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

URAWA RED DIAMONDS(@urawaredsofficial)がシェアした投稿


2019年成績:14位:勝ち点37(9勝15負10分)

強い浦和をもう一度見たいですが、今季は厳しいでしょう。

ずっと変わらないメンバー構成で新鮮じゃないですよね。

 

関根選手は戻ってきて初めてフルのシーズンなので期待です。

そして杉本選手はどうなってるんだい!!そろそろ復活して下さいな。

 

13位予想 清水エスパルス

 

この投稿をInstagramで見る

 

清水エスパルス SHIMIZU S-PULSE(@spulse_official)がシェアした投稿


2019年成績:12位:勝ち点39(11勝17負6分)

 

 

14位予想 湘南ベルマーレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

湘南ベルマーレ(@shonan_bellmare)がシェアした投稿


2019年成績:16位:勝ち点36(10勝18負6分)

 

 

15位予想 サガン鳥栖

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAGANTOSU | サガン鳥栖(@sagantosu_official)がシェアした投稿


2019年成績:15位:勝ち点36(10勝18負6分)

 

16位予想 ベガルタ仙台

 

この投稿をInstagramで見る

 

ベガルタ仙台(@vegaltasendai)がシェアした投稿


2019年成績:11位勝ち点41(12勝17負5分)

 

 

17位予想 大分トリニータ

 

この投稿をInstagramで見る

 

大分トリニータ(@trinita_official)がシェアした投稿


2019年成績:9位:勝ち点47(12勝11負11分)

 

 

18位予想 横浜FC

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜FC公式アカウント 待ってろJ1!(@yokohamafc_official)がシェアした投稿


2019年成績:J2 2位:勝ち点79(23勝9負10分)

 

 

 

まとめ

どうでしたか?

これが私の期待度こみの全順位予想です。

Jリーグは混戦必至のリーグであるため完全に当たらないでしょうね笑

 

しかし優勝予想の川崎フロンターレは当たって欲しいです。

皆さんの予想はどうでしたか?

開幕前も開幕後も予想しながらサッカーを楽しみましょう〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です