森保JAPANの試合を全試合採点中!!

裏サッカー協会会長が日本代表対キルギス代表戦を熱血採点!初の対アジア戦はどうなった?

FIFAランク50位日本代表
VS
FIFAランク90位キルギル代表

前回対戦のベネズエラ戦ではFIFAランク29位という相手に1-1と引き訳。

同じアジアのチーム相手にどんな試合を見せるのか?

この試合ではアジアカップを見据えた引いた相手との勝負が期待されるが、果たして・・・

MEMO
  • 10月25日に発表された最新FIFAランクでは日本代表が50位キルギス代表が90位です
  • キルギス戦は初対戦となります。
  • キルギス代表はロシアワールドカップへ出場はしておりません。(アジア2次予選3位)

大注目のスターティングオーダーは?

日本代表スターティングイレブン FIFAランク50位

  • GK 12権田修一(サガン鳥栖/日本)
  • DF 2三浦弦太(ガンバ大阪/日本)
  • DF 3室屋成(FC東京/日本)
  • DF 5山中亮輔(横浜FM/日本)
  • DF 20槙野智章(浦和レッズ/日本)
  • MF 8原口元気(ハノファー/ドイツ)
  • MF 14伊東純也(柏レイソル/日本)
  • MF 17守田英正(川崎フロンターレ/日本)
  • MF 18三竿健斗(鹿島アントラーズ/日本)
  • FW 11杉本健勇(セレッソ大阪/日本)
  • FW 13北川航也(清水エスパルス/日本)

キルギス代表スターティングイレブン FIFAランク90位

  • GK 1マテゥアシュ
  • DF 2イウスポフ
  • DF 3コズバエフ
  • DF 5シャキロフ
  • DF 17タエゴ
  • MF 9ベルンハルト
  • MF 15アフメドフ
  • MF 18ジルガルベク
  • MF 20ドゥイショベコ
  • MF 21ムサベコフ
  • FW 19ルクス

大注目の日本代表戦士を熱血採点

GK 権田修一 6.0

 

View this post on Instagram

 

Shuichi Gonda/権田修一さん(@shuichi33g)がシェアした投稿

前半は見せ場なし。

後半は少ないピンチも落ち着いて対応。

クリーンシートを達成し、十分戦力であることを見せつけた。

 

DF 三浦弦太 6.0

 

View this post on Instagram

 

ガンバ大阪さん(@gambaosaka_official)がシェアした投稿

セットプレーでは高さを強さを発揮した。

少ないピンチでは集中力を切らさずに対応した。

攻撃での貢献は乏しいもクリーンシートに貢献。

 

DF 室屋成 5.5

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

前半は何度も果敢に上がりクロスボールを供給。

最後の精度で違いを見せられず。

後半は右で有効な攻撃を作ることが出来ず。

 

DF 山中亮輔 7.0 MOM

 

View this post on Instagram

 

山中 亮輔さん(@yamanaka_ryosuke24)がシェアした投稿

前半2分にファーストタッチで代表初ゴール。

最高のデビューを飾った。

持ち味の攻撃参加を常に繰り返し、攻撃にアクセントを作る。

クロスボールは常に脅威を与え、長友代役候補に一躍名乗りを上げた印象。

 

DF 槙野智章 6.0

 

View this post on Instagram

 

槙野智章 Tomoaki Makinoさん(@makino.5_official)がシェアした投稿

キャプテンとしてチームを牽引。

少ないピンチの芽は摘み取った。

負傷での交代は少し残念か・・・

 

MF 原口元気 6.0

 

View this post on Instagram

 

Genki Haraguchiさん(@haraguchi_genki_official)がシェアした投稿

前半19分にフリーキックでゴールもキーパーのミスとも取れる。

ドリブル突破を繰り返すもチャンス演出とはいかず。

ベテランとして山中のスペースを上手く作っていたのは見事だが、個人でアピールできれば・・・

 

MF 伊東純也 6.0

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

果敢にドリブル突破し、チャンスを演出。

持ち味のスピードを見せゴールに迫った。

この相手ならばゴールもしくはアシストという目に見える結果が欲しかったか。

 

MF 守田英正 6.5

 

View this post on Instagram

 

守田英正さん(@mrt_510)がシェアした投稿


セカンドボールの意識が高くボール奪取で持ち味を発揮。

後半からは縦パスの意識があがり高い位置をとろうと意識が見えた。

常にチームのバランスを意識し中盤に安定をもたらした。

 

MF 三竿健斗 6.0 

 

View this post on Instagram

 

Kento Misao /三竿健斗さん(@kento_misao)がシェアした投稿

実質3バックのような形でのプレー。

サイドバックの上がりを助けながら、持ち味のボール奪取で貢献。

しかし攻撃に関しては縦パスは試合を通して1本2本ではインパクトに欠ける。

及第点ではあるが、持ち味を発揮するには相手が悪かったか。

 

FW 杉本健勇 5.5

 

View this post on Instagram

 

CEREZO OSAKA Officialさん(@cerezo_osaka)がシェアした投稿

引いた相手に対してポストプレーで貢献。

結果を欲するが故か最後のところでミスが目立った。

強引な突破からチャンスの演出があったり、決定的なチャンスを迎えるも最後は決めきれず。

チャンスはそうそう回ってくるものではない。

 

FW 北川航也 6.5

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

トップ下の様なイメージでプレー。

停滞する中盤を助けながらプレーすることで攻撃にアクセントを加えた。

もっとゴールと近い位置でプレー出来ればよかったが、チームとしての貢献を優先。

最後のアシストを含め、もう一度見たいと思わせるような片鱗は見せた。

 

途中出場

DF 22吉田麻也 6.0

 

View this post on Instagram

 

Maya Yoshidaさん(@mayayoshida22)がシェアした投稿

急きょの出場となったもののさすがの安定感を披露。

日本代表のキャプテンとして年内最終戦を見事なプレーで飾った。

 

MF 7柴崎岳 6.0 

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

長短のパスを織り交ぜ司令塔として君臨。

コンビネーションでの崩しでは積極的に攻撃参加して試合のリズムを作った。

 

MF 9南野拓実 6.0

 

View this post on Instagram

 

南野拓実さん(@takumi_minamino_fanpage)がシェアした投稿

セカンドトップとして常にゴールに迫り続けた。

前線でのポジショニングが常によくバランスをとりながら、脅威を与え続けた。

 

MF 10中島翔哉 6.5

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

ファーストプレーで圧巻のゴール。

常にドリブル突破を狙いチャンスに絡み続けた。

 

FW 21堂安律 6.5

 

View this post on Instagram

 

Ritsu Doan/堂安律さん(@doanritsu)がシェアした投稿

中島へのスルーパスは絶妙。

中央で積極的にボールに絡むイメージが高かったことにより、サイドでも室屋との連携は皆無。

それでも攻撃では違いを作る。

 

FW 15大迫勇也 6.0

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

ゴールシーンでは北川の落としも絶妙だったが冷静に沈める。

攻撃が停滞している中でのエースという言葉にふさわしいゴール。

ボールのおさまりはさすがの一言。

 

監督 森保一 6.5

スターティングメンバーはベネズエラ戦から全員を入れ替える。

前半2分に先制して相手のゲームプランを崩すことに成功。フリーキックからの得点も生まれた。

しかし2-0から攻撃が衰退し相手守備に苦しんでいた印象だったが、交代策で流れを変える。

立て続けに前線を変え状況を打開しゴールラッシュを飾った。

4-0と年内最終戦に花を添え、森保体制負けなしを継続。

 

日本対キルギス戦の試合の流れ

  • 前半0分
    キックオフ
    日本vsキルギス
  • 前半2分
    ゴール
    走りこんだ中山が代表初ゴール!!電光石火の先制点だった
  • 前半19分
    ゴール
    原口がPA手前でFKを獲得。原口自らシュートを放つとGKのキャッチミスで追加点に
  • 前半27分
    イエローカード
    ダニエル・ダゴエが杉本へのファールでイエローカードを受ける
  • 前半35分
    キルギス1人目交代
    OUT シェルゾト・シャキロフ → IN アイザル・アクマトフ
  • 前半終了
    スコア1-0
    キルギスに対し日本が先制し2-0のリードで折り返す。ロスタイム1分
  • 後半0分
    後半スタート
    後半戦スタート。更に得点は生まれるのか?
  • 後半1分
    キルギス2人目交代
    OUT  ファルハト・ムサベコフ→ IN アジズ・シディコフ
  • 後半1分
    キルギス3人目交代
    OUT カイラト・ジルガルベク・ウール → IN アフリディン・イスライロフ
  • 後半5分
    イエローカード
    ムロリジョン・アフメドフが杉本へのスライディングでイエローカードを受ける
  • 後半11分
    キルギス4人目交代
    OUT ビタリー・ルクス → IN エルニスト・バティルカノフ
  • 後半14分
    日本1人目交代
    OUT 杉本健勇 → IN 大迫勇也
  • 後半14分
    日本2人目交代
    OUT 伊東純也 → IN 堂安律
  • 後半15分
    日本3人目交代
    OUT 三竿健斗 → IN 柴崎岳
  • 後半16分
    日本4人目交代
    OUT 槙野智章 → IN 吉田麻也
  • 後半27分
    ゴール
    守田の縦パスを北川がヒールで流し大迫が反応。ゴールを揺らす。リードは3点に
  • 後半27分
    日本5人目交代
    OUT 原口元気 → IN 南野拓実
  • 後半27分
    日本6人目交代
    OUT 北川航也 → IN 中島翔哉
  • 後半28分
    ゴール
    投入直後の中島がPA内に入り込み右足でダイレクトシュートを叩き込む
  • 後半29分
    キルギス5人目交代
    OUT ムロリジョン・アフメドフ → IN ベクジャン・サギンバエフ
  • 後半38分
    キルギス6人目交代
    OUT エドガー・ベルンハルト → IN トゥルナスリ・ルスタモフ
  • 試合終了
    スコア4-0
    森保ジャパンは無敗で今年最後の戦いを終える。アディショナルタイムは3分だった

 

キルギスとの試合後の監督と選手コメント

今後のサッカー日本代表の未来は・・・

4-0は相手がどうこう言う前に素晴らしい。

国を代表する選手として年内最終戦を良い形で終えてくれた。

今後も日本代表には明るい未来が待っていると信じて一緒に応援しましょう!!

アジアカップでは8年ぶりの優勝を見たいです。

 

アジアカップ楽しみ過ぎるぅぅぅ~

 

前回対戦のベレズエラ戦採点はこちら

裏サッカー協会会長が日本代表対ベネズエラ代表戦を熱血採点!新ビッグ3はどうだった?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です