無料でできるサッカーアプリランキングはこちら

裏サッカー協会会長がモンゴル戦を熱血採点!森保体制最多得点!!

FIFAランク31位日本代表
VS
FIFAランク183位モンゴル代表

MEMO
  • 9月19日に発表された最新FIFAランクでは日本代表が31位パラグアイ代表が183位です。
  • モンゴル代表との対戦成績は0勝0分0敗の初対戦となります。
森保ジャパンの招集履歴

【全試合】森保JAPAN(ジャパン)の選手を独自採点!カタールワールドカップ日本代表候補となるのは?

日本6ー0モンゴル

 

大注目のスターティングオーダーは?

日本代表スターティングイレブン FIFAランク31位

  • GK 権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
  • DF 冨安健洋(シントトロイデン/ベルギー)
  • DF 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
  • DF 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
  • DF 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
  • MF 橋本拳人(FC東京/日本)
  • MF 柴崎岳(デポルティボ/スペイン)
  • MF 南野拓実(ザルツブルグ/オーストリア)
  • MF 中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
  • MF 伊東純也(ゲンク/ベルギー)
  • FW 永井謙佑(FC東京/日本)

 

召集メンバー

GK
川島永嗣(ストラスブール)
権田修一(ポルティモネンセ)
シュミット・ダニエル(シントトロイデン)
DF
長友佑都(ガラタサライ)
吉田麻也(サウサンプトン)
酒井宏樹(マルセイユ)
植田直通(セルクル・ブルージュ)
安西幸輝(ポルティモネンセ)
畠中槙之輔(横浜FM)
冨安健洋(ボローニャ)
MF
原口元気(ハノーファー)
柴崎岳(デポルティボ)
遠藤航(シュツットガルト)
伊東純也(ゲンク)
橋本拳人(FC東京)
中島翔哉(ポルト)
南野拓実(ザルツブルク)
板倉滉(フローニンゲン)
堂安律(PSV)
久保建英(マジョルカ)
FW
永井謙佑(FC東京)
浅野拓磨(パルチザン)
鎌田大地(フランクフルト)

 

 

大注目の日本代表戦士を熱血採点

GK 権田修一 5.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shuichi Gonda/権田修一さん(@shuichi33g)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

 

特筆すべき要素無し。

 

DF 冨安健洋 6.0

 

この投稿をInstagramで見る

 

冨安健洋/Takehiro Tomiyasuさん(@tomiyasu.t)がシェアした投稿


公式twitter:無し

公式インスタこちら

 

目立ったプレーはなかったが、CBとしてそつなくプレー。

 

DF 吉田麻也 6.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maya Yoshidaさん(@mayayoshida22)がシェアした投稿

公式twitterこちら

公式インスタこちら

 

ごっつぁんではあるものの、待望のゴールを記録。

ビルドアップでは常に安全な選択をする。

 

DF 酒井宏樹 6.0

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroki Sakai 酒井宏樹さん(@hiroki.sakai_19)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

 

伊藤と共に右サイドを掌握した。

ディフェンス面でネガティブなプレーはなかった。

 

DF 長友佑都 6.5


公式twitterこちら

公式インスタ:無し

 

中島の空いたスペースを上手く活用しゴールにつなげる。

原口が入ってからはコンビネーションを見せる。

 

MF 遠藤航 6.5

 

リスク管理を徹底し守備への切り替えの速さを見せる。

待望の代表初ゴールで勝利に花を添えた。

 

 

MF 柴崎岳 6.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴崎 岳 / Gaku Shibasakiさん(@official_gaku)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

 

攻守の切り替えにおいて存在感を発揮する。

ボール出しでは攻撃にリズムを作りながら危険なエリアにボールを通した。

 

MF 南野拓実 6.5

公式twitterこちら

公式インスタ:無し

関連グッズこちら

 

フリーマンとして攻撃にリズムを加えるだけでなく決定的な仕事もこなす。

後半は消える場面も目立ったが、常に危険なエリアでプレー。

 

MF 伊東純也 7.0

大車輪の活躍でチャンスメイクを一端を全て担った。

ドリブル突破だけでなくクオリティーの高いクロスも披露した。

 

 

MF 中島翔哉 6.0

 

この投稿をInstagramで見る

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿


公式twitter:無し

公式インスタ:無し

ブログこちら

 

個人技はさすが、不必要と思われる仕掛けなど無駄な動きも目立った。

セットプレーのキッカーでは質の高いボールを幾度となく供給した。

 

 

FW 永井謙佑 6.0


公式twitterこちら

公式インスタ無し

 

スペードを活かす場面はなかった。

それでもヘディングで嬉しいゴールを記録。

 

途中出場選手

DF 安西幸輝 5.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

安西幸輝さん(@kouki.anzai_official)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

 

積極的なあがりを見せるも効果的な攻撃につなげることは出来なかった。

 

 

MF 原口元気 6.0


公式twitterこちら

公式インスタ無し

 

停滞気味の攻撃陣にアクセントを加える。

 

FW 鎌田大地 6.0

ゴールへの意識が高く、貪欲にゴールを狙い結果に結びつけた。

 

 

監督 森保一 6.5

大迫不在の影響を感じさせないゲームを展開した。

特にセットプレーでは様々な試みが見られ、機能していた。

 

交代カードは大差でも落ち着いた選手選びで順当な運びを見せた。

 

まとめ

ワールドカップ予選は厳しいとはいえこんな戦いを毎試合見たいですね。

2点目を早めに取ることが出来たことが良い循環に繋がりましたね〜

 

 

さすが我らが日本代表や〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です