森保JAPANの試合を全試合採点中!!

裏サッカー協会会長が日本代表対サウジアラビア戦を熱血採点!

1-0で日本が勝利!!

FIFAランク50位日本代表
VS
FIFAランク69位サウジアラビア代表

これから始まるのは負ければ終わりの決勝トーナメントです!!

サウジアラビアは中東では屈指の強さを誇るチームです。

一丸となって闘いましょう!!

MEMO
  • 10月25日に発表された最新FIFAランクでは日本代表が50位サウジアラビア代表が69位です。
  • サウジアラビア代表との対戦成績は8勝1分4敗となっています。
  • サウジアラビア代表は前回のアジアカップでは1勝2敗で予選敗退しています。

アジアカップ招集メンバー詳細

【サッカー日本代表】アジアカップ2019全試合採点!!招集・参加メンバーも紹介!!

森保ジャパンの招集履歴

【全試合】森保JAPAN(ジャパン)の選手を独自採点!カタールワールドカップ日本代表候補となるのは?

大注目のスターティングオーダーは?

日本代表スターティングイレブン FIFAランク50位

  • GK 12権田修一(サガン鳥栖/日本)
  • DF 5長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
  • DF 19酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
  • DF 16冨安健洋(シントトロイデン/ベルギー)
  • DF 22吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
  • DF 6遠藤航(シントトロイデン/ベルギー)
  • MF 7柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
  • MF 8原口元気(ハノファー/ドイツ)
  • MF 9南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
  • MF 21堂安律(フローニンゲン/オランダ)
  • FW 13武藤嘉則(ニューカッスル/イングランド)

サウジアラビア代表スターティングイレブン FIFAランク69位

  • GK 21アルオワイス
  • DF 2アルブレイク
  • DF 4アルブライヒ
  • DF 13ヤスル
  • DF 23アルファティル
  • MF 10サレム
  • MF 11ハタン
  • MF 14オタイム
  • MF 16フセイン
  • MF 20アルビシ
  • FW 19ファハド

大注目の日本代表戦士を熱血採点

GK 権田修一 6.0

 

View this post on Instagram

 

Shuichi Gonda/権田修一さん(@shuichi33g)がシェアした投稿

再三ゴールを打たれるもクリーンシートを達成。

しかし相手のシュートミスが目立ち、対応には不安を残したように思う。

DF 長友佑都 5.5

ディフェンス面においてはサイドチェンジへの対応に手をやく。

攻撃にも一切関与せず、持ち味を発揮できず。

それでもゴール前では体を張ってチームに貢献。

DF 酒井宏樹 5.5

終始落ち着いたプレーでチームに貢献。

ディフェンスの対応は素晴らしく右サイドでは強さを見せるも堂安との連携に体を残す。

DF 冨安健洋 6.5

本人にとって日本代表初ゴールが貴重な先制点となった。

これは日本代表のアジアカップ史上最年少ゴールでDFでの達成は評価したい。

サウジアラビアのパワープレイでもしっかりと強さを見せた。

DF 吉田麻也 6.0

顔面ブロックなど気持ちを見せたプレーを披露。

再三決定機を迎えられるなど守備の安定を図ることはできなかったが、それでもクリーンシートに貢献。

MF 遠藤航 6.5

ディフェンスラインの前で体を張った。

彼の持ち味が出しやすい試合展開とはいえ素晴らしい出来だった。

攻撃での貢献は乏しいも、日本のベスト8進出の原動力となった。

MF 柴崎岳 5.5

日本の心臓役になるはずがボールの出しどころになれず。

守備での貢献も乏しく、デュエルで相手の後手を踏む場面が目立った。

セットプレーのボールは見事であり、先制点を演出した。

MF 原口元気 6.0

持ち味のサイドからのドリブルは発揮できなかったが、縦横無尽にピッチを駆け回り前線と中盤の中継役になる。

後半には武藤への決定的なボールを供給するなど気持ちを見せた。

MF 南野拓実 5.5

チャンスでは何度も顔を出したが、連携が合わず効果的なプレーが出来なかった。

守備時にはファーストディフェンスをチーム1意識できていたが、周りと合わず空回りに終わってしまった感じが強い。

彼に求められるゴールは意識したい。

FW 21堂安律 5.5

 

View this post on Instagram

 

Ritsu Doan/堂安律さん(@doanritsu)がシェアした投稿

再三仕掛けるも効果的なプレーが出来なかった。

押し込まれる中でカウンターの起点になる場面もあり、クオリティーの高さは示せた。

FW 武藤嘉紀 6.5

積極的のボールを引き出す動きを見せて前線を活性化。

一人奮闘して見方を押し上げた。

次戦で彼がいないことが悔やまれる。

途中出場選手

MF 伊東純也 採点なし

採点なし

DF 塩谷司 採点なし

採点なし

監督 森保一 6.0

90分終始サウジアラビアペースで進んだ。

何度も相手に決定機を迎えられるも選手・システムを変えず状況を変えられなかった。

セットプレーからの得点に救われる形となった。

勝っていただけに変えにくいが、塩谷をもっと早めに入れる選択が欲しかった。

アジアカップは負けられない

先制して試合が楽になると考えていたが、次の一点が取れず苦戦を強いられてしまった。

それでもさすがに90分相手ペースと強い日本がもういないことを再確認する試合になってしまったと思ってしまった。

それでも勝つ!!それがアジアカップだ!!!!

優勝期待しておりまする!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です