ウイイレ2020予定受付中!!

裏サッカー協会会長が日本代表対トリニダード・トバゴ戦を熱血採点!令和初戦は不完全燃焼に

FIFAランク26位日本代表
VS
FIFAランク93位トリニダードトバゴ代表

MEMO
  • 10月25日に発表された最新FIFAランクでは日本代表が26位トリニダードトバゴ代表が93位です。
  • カタール代表との対戦成績は1勝0分0敗となっています。

森保ジャパンの招集履歴

【全試合】森保JAPAN(ジャパン)の選手を独自採点!カタールワールドカップ日本代表候補となるのは?

日本0ー0トリニダード・トバゴ

大注目のスターティングオーダーは?

日本代表スターティングイレブン FIFAランク26位

  • GK 23シュミットダニエル(ベガルタ仙台/日本)
  • DF 3昌子源(トュールーズ/フランス)
  • DF 5長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
  • DF 19酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
  • DF 16冨安健洋(シントトロイデン/ベルギー)
  • DF 22畠中慎之輔(横浜Fマリノス/日本)
  • MF 7柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
  • MF 11中島翔哉(アルドゥハイル/カタール)
  • MF 21堂安律(フローニンゲン/オランダ)
  • MF 24守田英正(川崎フロンターレ/日本)
  • FW 15大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

トリニダード・トバゴ代表スターティングイレブン FIFAランク93位

  • GK 1フィリップ
  • DF 3M.ウィリアムズ
  • DF 5サイラス
  • DF 12ミッチェル
  • DF 16A.ジョーンズ
  • MF 8ハイランド
  • MF 13ルイス
  • MF 19ジョージ
  • MF 20J.ウィリアムズ
  • MF 23ポール
  • FW 11L.ガルシア

大注目の日本代表戦士を熱血採点

GK シュミット・ダニエル 6.0

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Schmidt / シュミットダニエルさん(@danstagram_01)がシェアした投稿


公式twitter無し

公式インスタこちら

ハイボールにはさすがの対応。

相手のシュートチャンスもかなりあったが、0に抑える。

プレスに来た際も落ち着いてボールを繋ぐ足元の技術が目立った。

 

DF 昌子源 5.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

昌子 源さん(@gen.shoji3)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

関連グッズこちら

3バックの中央でプレー。

後半40分のヘディングは日本チームのハイライトになる。

行き詰った時に展開力を見せることは出来なかった。

DF 長友佑都 5.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

YutoNagatomo 長友佑都さん(@yutonagatomo55)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

関連グッズこちら

常に高い位置でプレーしいくつか効果的なクロスを供給。

後半はペナルティーエリア内に何度も侵入し顔を出したが報われることは無かった。

 

DF 酒井宏樹 5.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroki Sakai 酒井宏樹さん(@hiroki.sakai_19)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

関連グッズこちら

サイドを駆け上がりチャンスを狙う。

連携から崩しにかかるも前半の大迫へのクロス一本に終わってしまう。

ディフェンスでは高い位置での奪いどころのポイントになる。

 

DF 冨安健洋 6.0

公式twitter:無し

公式インスタ:無し

関連グッズこちら

1対1での強さを見せる。

3バックへの困惑もなく動きながら縦への展開を狙っていた印象。

他界安定感を発揮した。

 

DF 畠中慎之輔 5.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

畠中 槙之輔さん(@hatanaka_shinnosuke)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

チャレンジを心掛け前から奪おうとする姿勢が出ていた。

裏を使われピンチを招く場面が見られたが及第点の働きを見せる。

 

MF 柴崎岳 6.5

公式twitter:無し

公式インスタ:無し

関連グッズこちら

効果的な縦パスを供給し続けただけでなく、自らエリア内に入っていく姿勢を見せ絶好機を幾度か迎える。

しかし決定機を生かすまでには至っていない。

後半12分のフリーでのシュートは枠に飛ばしたかったところ。

 

MF 中島翔哉 6.0

公式twitter:無し

公式インスタ:無し

関連グッズこちら

ゴールへ向かうドリブルを常に仕掛ける。

フリーキックでもバー直撃で存在感を発揮。

 

後半は消える場面が目立ち失速した印象。

 

MF 堂安律 5.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ritsu Doan/堂安律さん(@doanritsu)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

関連グッズこちら

シャドーの一角としてプレーするも下がってボールを受ける場面が目立った。

大迫を孤立させる場面が目立った。

連携面や技術の高さを時折感じさせた。

 

MF 守田英正 5.0

 

この投稿をInstagramで見る

 

守田英正さん(@mrt_510)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

関連グッズこちら

リスク管理に終始しセカンドボール奪取を常に狙っていた。

効果的なプレーは少なく、パスを受けてっからのプレースピードも遅かった。

存在感を発揮することは出来なかった。

FW 大迫勇也 6.0

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuya Osako/大迫勇也さん(@yuya_osako)がシェアした投稿


公式twitter:無し

公式インスタこちら

関連グッズこちら

ペナルティエリア内で孤軍奮闘。

サポートが少ない状況で何とかしようと体を張る。

 

後半は距離間よくプレーし何度かチャンスを迎えるも試合を決定づけるに至らなかった。

 

途中出場選手

DF 室屋成 5.0

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seiさん(@sei_muroya)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

高い位置をとり攻撃に厚みを加えることに成功。

効果的なプレーは見られず。

MF 小林祐樹 5.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Kobayashiさん(@4yuki.kobayashi)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

ボールの出しどころになり柴崎を助ける。

セットプレーの質は異質な存在である。

 

MF 南野拓実 5.0

公式twitterこちら

公式インスタ:無し

関連グッズこちら

エリア内で常に勝負するも

 

 

MF 原口元気 5.5

 

この投稿をInstagramで見る

 

Genki Haraguchiさん(@haraguchi_genki_official)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

関連グッズこちら

積極的な攻撃参加を試み効果的なボールをエリア内に供給。

後半は起点になり攻撃の中心を担う。

 

MF 伊東純也 5.0

 

この投稿をInstagramで見る

 

Junya Ito 伊東純也さん(@1409junya)がシェアした投稿


公式twitterこちら

公式インスタこちら

関連グッズこちら

絶好機を迎えるも決めきれず。

全体的に持ち前のスピードを生かすにはいたらなかった。

 

監督 森保一 5.5

森保監督の十八番とも言える3-4-2-1で勝負する。

落ち着いた試合運びでプレーする一方で攻撃の厚みは無かった。

ボールの奪いどころは常に高いものの、そのボールを効果的な攻撃に繋げることが出来なかった。

 

守備では規律を上手く作れた印象だが、シャドーの位置で攻撃を活性化できなかった印象。

まとめ

結果的に0対0で試合を終えてしまいました。

チャンスもピンチもなかったわけではないですよね。

 

シャドーの2人が裏を狙うよりも足元でもらいに来ていた印象ですね。

それもこれも大迫にボールが入らなかったのが原因でCBから縦パスが少なかったのかなと思いました。

柴崎選手は素晴らしい出来でしたが、もう一人の選手もある程度攻撃的な小林選手等と組ませたスタメンも見てみたいですね。

守田選手がセカンドボールをとれていた印象が無かったからの意見ですが、レベルが上がると危険ですかね笑

 

3バックを渡来したことは良かったと思います。

2試合続けてトライしてほしいです!!

勝負は次ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です