森保JAPANの試合を全試合採点中!!

【アジアカップ】裏サッカー協会会長が日本代表対トルクメニスタン代表戦を熱血採点!勝ち点3をとったことが全て!!

FIFAランク50位日本代表
VS
FIFAランク127位トルクメニスタン代表

森保ジャパン初のアジアカップが始まりました!!

”必ず優勝”が決定づけられた日本代表の勇士を一緒に応援しましょう!!

総力戦が求められる中活躍した選手は?

MEMO
  • 10月25日に発表された最新FIFAランクでは日本代表が50位トルクメニスタン代表が127位です
  • トルクメニスタンとは初対戦となります。
  • トルクメニスタン代表は前回のアジアカップには出場はしておりません。

アジアカップ招集メンバー詳細

【サッカー日本代表】アジアカップ2019全試合採点!!招集・参加メンバーも紹介!!

森保ジャパンの招集履歴

【全試合】森保JAPAN(ジャパン)の選手を独自採点!カタールワールドカップ日本代表候補となるのは?

大注目のスターティングオーダーは?

日本代表スターティングイレブン FIFAランク50位

  • GK 12権田修一(サガン鳥栖/日本)
  • DF 5長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
  • DF 19酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
  • DF 20槙野智章(浦和レッズ/日本)
  • DF 22吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
  • DF 16冨安健洋(シントトロイデン/ベルギー)
  • MF 7柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
  • MF 8原口元気(ハノファー/ドイツ)
  • MF 9南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
  • MF 21堂安律(フローニンゲン/オランダ)
  • FW 15大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

トルクメニスタン代表スターティングイレブン FIFAランク127位

  • GK 1オラズムハメドフ
  • DF 2ババジャノフ
  • DF 4サパロフ
  • DF 5イルヤソフ
  • DF 6バティロフ
  • DF 12アンナオラゾフ
  • MF 7アマノフ
  • MF 8ミンガゾフ
  • MF 19アタエフ
  • MF 21ホジャエフ
  • FW 9オラズサヘドフ

大注目の日本代表戦士を熱血採点

GK 権田修一 5.5

 

View this post on Instagram

 

Shuichi Gonda/権田修一さん(@shuichi33g)がシェアした投稿

失点シーンではディフェンダーのヨセが全くない状態だったが、あの距離からは入れられてはいけない。

相手にPKを献上し、2失点を許す。

しかし1点ビハインドの前半35分のシュートストップは日本を救った。

DF 長友佑都 6.0

前半16分に不用意に裏をとられてしまうなどベテランの安定感は見られず。

アシストはしたものの、終始クロスの精度を欠いてしまったという印象。

アシストがなければ・・・

DF 酒井宏樹 5.5

1対1のデュエルでは負けなし。

流石の強さを見せるも攻撃での貢献は見られず。

引いた相手に高い位置をとっていただけに残念。

DF 槙野智章 6.0

いわゆる槙野らしい大味なプレーはないものの、終始落ち着いて安定したプレーを披露した。

チーム一の守備貢献を見せるも、ビルドアップでの貢献度が低い。

2失点では・・・

DF 吉田麻也 6.0

2失点を与えるも縦パスへの読みはさすが。

2点目の起点になり引いた相手に有効なサイドへのロングボールを意識できていた。

ロングボールへの対応に課題が残る。

DF 冨安健洋 5.0

終始ポジショニングに迷いを感じた。

相棒であり、ゲームメイクを担った柴崎を助けることが出来ず。

シュートを放つなど迫力を見せたが、ボランチテストは不合格と言っていいだろう。

MF 柴崎岳 6.0

積極的に縦パスを狙う。

ボールロストやパスミスも目立つがゲームメイクを一手に引き受けた。

守備の意識は見えた。

MF 原口元気 7.0

徹底して中に入り長友のスペースを作る。

日本の2ゴールに関与し、自分の価値を証明。

ドリブルで組み立て前線の大迫に一番パスを通したことが大きかった。

MF 南野拓実 5.5

大迫と2トップのような形で攻撃に参加。

ほとんどボールに絡むことが出来ず、消える時間が目立った。

自分が決めるという気持ちは伝わってきたが、引いて受けるシーンを増やしても面白かったか。

FW 21堂安律 6.5

 

View this post on Instagram

 

Ritsu Doan/堂安律さん(@doanritsu)がシェアした投稿

得意のコンビネーションが成りを潜め苦しむ。

酒井と共に右サイドを活性化することが出来なかった。

それでもチームに落ち着きをもたらす3点目をもたらす。

ゴールシーンではシュートタイミングが絶妙でキーパーもノーチャンス。

FW 15大迫勇也 7.0

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

スペースがない状態でもターンからチャンスを作り出す。

先制点は同点ゴールであり日本代表のアジアカップ初ゴールとエースの貫録を見せる。

2点目も適切なポジショニングで日本に力を与えた。

細かい落としのパス等全てのゴールに絡んだエースが日本を救った。

途中出場選手

北川航也 5.0

2失点目のPKは彼のボールロストから。

交代でのインパクトも残すことが出来ず・・・

監督 森保一 6.0

苦しみながらも大事な勝ち点3を獲得

スターティングメンバーでの驚きは本職がCBの冨安をボランチの一角として起用。

しかしその采配が裏目にでる。冨安のポジショニングが悪く、柴崎がボールの出しどころに困り多くのボールロストをする。

先制点を与えたシーンでもボランチの2人の守備が全くない。

勝ち点3を奪ったことが森保監督のハイライト。

大会を通しての選手起用でこの1戦の起用も見えてくるのだろうか。

 

日本対トルクメニスタン戦の試合の流れ

  • 前半0分
    キックオフ
    日本vsトルクメニスタン
  • 前半26分
    ゴール
    アマノフがフリーで右足を振りぬいた。無回転気味のシュートに権田も手を出すがゴールネットに吸い込まれる。日本が先制点を許しトルクメニスタンがリード
  • 前半33分
    イエローカード
    酒井宏樹がオラズサヘドフへのファールでイエローカードを受ける
  • 前半終了
    スコア0-1
    トルクメニスタンが日本に先制し0-1とリードを許した。ロスタイム1分
  • 後半0分
    後半スタート
    後半戦スタート。追いつくことはできるのか?
  • 後半11分
    ゴール
    原口の中央へのパスを大迫が受ける。うまく切り返しゴール右へシュートをおみまいする。
  • 後半14分
    トルクメニスタン1人目交代
    OUT バヒト・オラズサヘドフ → IN アルティムラト・アンナドゥルデェフ
  • 後半15分
    ゴール
    こぼれ球に長友が気迫でタッチ。中央に落とすとフリーの大迫がそのまま押し込みゴール。後半の早い段階で日本が逆転した。
  • 後半24分
    トルクメニスタン2人目交代
    OUT アルスラン・アマノフ → IN ムラト・ヤクシエフ
  • 後半26分
    ゴール
    南野からボールを受けた堂安が鮮やかなターンシュート。相手DFに当たったボールはそのままゴールに突き刺さった
  • 後半28分
    日本1人目交代
    OUT 南野拓実 → IN 北川航也
  • 後半33分
    イエローカード
    権田が走りこんだトルクメニスタン選手と交錯。イエローカードをもらいPKを献上した。その前のボールの奪われ方があまり良くなかった。仕方なしか
  • 後半34分
    ゴール
    PKをアタエフが鋭いコースでけりこむ。権田も反応したがコースが厳しかった。
  • 後半40分
    トルクメニスタン3人目交代
    OUT ルスラン・ミンガゾフ → IN ミハエル・ティトフ
  • 後半45分
    イエローカード
    イリヤソフが堂安への危険なタックルでイエローカードを受ける
  • 試合終了
    スコア3-2
    アジアカップの難しさを痛感した試合だった。アディショナルタイムは4分

 

トルクメニスタンとの試合後の監督と選手コメント

森保一監督

「“なんとか勝った”という感じですけど、初戦は難しい戦いになると思っていたので、これがこの大会の難しさだと思っています」
「全ての部分を改善して成長しながら勝っていく。次のオマーン戦へ向けて最善の準備をする。そして、試合でベストを尽くして成長を目指しながら、勝利を目指しながらやっていきたいと思います」

大迫勇也
「もっとうまくできたと思いますし、応援してくれたサポーターの皆さんにもっともっといいプレーを見せることができれば良かったと思います」「初戦で点が欲しいときに点を取ることができたのは、個人としてもいいことだと思います。次につながるプレーだった」「今日こういう反省点の多い試合をしてしまったので、次はしっかりと気持ちのこもったプレーをすることが大事だと思います。まずはしっかりリカバリーして次の試合に準備したいなと思います」

堂安律
「試合展開的に追加点がないときついなと感じていたので、大事な3点目を取れて良かった」「初戦で勝ち点3を取れたことは良かった。今日の試合より良くなるように改善していきたいと思います」

アジアカップは負けられない

先制されるたシーンでは完全に寄せが甘いと思ったが、、、

アジアではいき過ぎるとファウルになる危険性があるので仕方ない感じもありましたね・・・

あとはスタメンの意図がちょっと分かり憎いと感じました。

特にボランチは柴崎は分かるけど、青山か遠藤が良かったのではと。

3-1になった後の失点も評価が難しいものとなるよね~

 

それでも勝ち点3をとれたことが全て、これがアジアカップ!!

初戦で硬さもあったのか気持ちもちょっと見えにくい試合になった感じです。

やっぱり日本を代表しているんで気持ちが見たいです!!!!

優勝期待しておりまする!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です