無料でできるサッカーアプリランキングはこちら

裏サッカー協会会長が日本代表対ベネズエラ代表戦を熱血採点!新ビッグ3はどうだった?

FIFAランク50位日本代表
VS
FIFAランク29位ベネズエラ代表

前回対戦のウルグアイ戦ではFIFAランク5位という強豪相手に4-3と勝利。

同じ南米のチーム相手にどんな試合を見せるのか?

この試合では森保監督はウルグアイ戦のメンバーを中心にすること断言しており新ビッグ3がどんな活躍をするのかみものです。

MEMO
  • 10月25日に発表された最新FIFAランクでは日本代表が50位ベネズエラ代表が29位です
  • 過去の対戦成績は1勝0敗2分
  • ベネズエラ代表はロシアワールドカップへ出場はしておりません。(南米予選10位)

大注目のスターティングオーダーは?

日本代表スターティングイレブン FIFAランク50位

  • GK 23シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台/日本)
  • DF 4佐々木翔(サンフレッチェ広島/日本)
  • DF 16冨安健洋(シントトロイデン/ベルギー)
  • DF 19酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
  • DF 22吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
  • MF 6遠藤航(シントトロイデン/ベルギー)
  • MF 7柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
  • MF 9南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
  • MF 10中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
  • MF 21堂安律(フローニンゲン/オランダ)
  • FW 15大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

ベネズエラ代表スターティングイレブン FIFAランク29位

  • GK 22ロモ(APOELニコシア/キプロス)
  • DF 4チャンセジョル(FCアンジ・マハチカラ/ロシア)
  • DF 6フェラレシ(CFペララーダ/スペイン)
  • DF 14(マゴカラボボFC/ベネズエラ)
  • DF 16ロサレス(エスパニョール/スペイン)
  • MF 5J.モレノ(DCユナイテッド/アメリカ)
  • MF 7マチス(ウディネーゼ/イタリア)
  • MF 8リンコン(トリノ/イタリア)
  • MF 13エレラ(ニューヨーク・シティFC/アメリカ)
  • MF 15ムリージョ(CDトンデラ/ポルトガル)
  • FW 23ロンドン(ニューカッスル/イングランド)

大注目の日本代表戦士を熱血採点

GK 23シュミット・ダニエル 6.0

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

高さを活かしたセットプレーでの対応が伺えた。

ロングフィードも性格で足元の高さという点でも試合に貢献。

PKはストップには失敗したが、随所で特徴を披露した。

 

DF 4佐々木翔 5.5

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

前半10分のパスは最大のミス冨安に感謝することになった。

前半は左サイドを立て続けに攻められた。ファウルでの対応になるなど苦戦している。

攻撃面でも的確な上がりを見せることは出来ず。

長友の不在を嘆く結果だけではなく山中の台頭を恐れることになる。

 

DF 16冨安健洋 6.0

 

View this post on Instagram

 

冨安健洋/Takehiro Tomiyasuさん(@tomiyasu.t)がシェアした投稿

前半10分のプレーはあきらめない気持ちが見えた。

何と言っても日本代表にはこういう気持ちを求めたい。

高さを活かしてロンドンを完封した。

ビルドアップのところでの貢献が出来れば・・・

 

DF 19酒井宏樹 6.5 MOM

 

View this post on Instagram

 

Hiroki Sakai 酒井宏樹さん(@hiroki.sakai_19)がシェアした投稿

先制点のシーンは一番外から上手く足で合わせてくれた~

日本代表で待望の初得点となり右サイドバックは彼の絶対領域になっただろう。

守備面では常に主導権を奪い決定的な形は1回だけ、その1回でPKを与えてしまった。

良くも悪くもこの試合の注目選手となった。

 

DF 22吉田麻也 6.5

 

View this post on Instagram

 

Maya Yoshidaさん(@mayayoshida22)がシェアした投稿

前半29分のフィードは素晴らしい。中盤に並ばれてボランチのパスが入らない中で試合を動かしたパスと言える。

試合を通して攻守への貢献は絶大。

的確なポジショニングで、さすがの守備力を見せつけた。

クリアしきれないシーンがあったが、それも彼のアイデンティティ。

後半最後の得点シーンはオフサイドで幻のゴールに・・・

 

MF 6遠藤航 5.5

 

View this post on Instagram

 

遠藤 航 (Wataru Endo)さん(@endowataru)がシェアした投稿

前半は苦しむビルドアップに参加することは無く守備に専念。

試合勘に苦しむ柴崎の負担を減らせればよかったが、完全な分業を選択した。

セカンドボールのダッシュやカウンター阻止に終始することになった。

 

MF 7柴崎岳 6.0 

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

スタートは縦パスが引っかかる場面が目立った。

しかしセンターバックからボールが供給されるようになると随所で攻撃にアクセントをつけられるように。

中島交代後はセットプレーのキッカーを務めたがゴールには繋がらず。

 

MF 9南野拓実 6.0

 

View this post on Instagram

 

南野拓実さん(@takumi_minamino_fanpage)がシェアした投稿

前半25分のチャンスは彼の縦パスから始まっている。

大迫と上手くポジションチェンジするなどゴーにで近い位置でプレー。

決定的な仕事をすることは無かったがCBからのボールを上手く引き出してビルドアップを助けた。

4試合連続ゴールならずも存在感を発揮。

 

MF 10中島翔哉 6.5

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

39分のセットプレーのボールの質が素晴らしかった。

2人相手でも勝負を仕掛ける姿勢や、ゴールを狙う姿勢が高く存在感を発揮する。

最大のハイライトであるシュートチャンスは相手キーパーの左足に阻まれてしまう。

 

FW 21堂安律 6.5

 

View this post on Instagram

 

Ritsu Doan/堂安律さん(@doanritsu)がシェアした投稿

前半25分のターンからのシュートはさすが。

高い技術力を随所に見せるだけでなく、縦横無尽にピッチを駆け回り存在感を見せる。

個人技だけでなく連携する力が高く、チームメイトとの距離感が良い。

 

FW 15大迫勇也 6.0

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

前半25分も含めチャンスは彼が起点になっている。

ロングボールの処理においてミスは無い。

今日はゴールから離れた位置でのプレーが多くなり、フラストレーションがたまったか。

 

MF 原口元気 6.0

 

View this post on Instagram

 

Genki Haraguchiさん(@haraguchi_genki_official)がシェアした投稿

ボールを持った時の突破はさすが。

途中交代でアクセントつけられたが、最後の質で貢献できず。

 

MF 伊東純也 5.5

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿


吉田へのクロスは最高のボール。

突破を見せたが状況打開とまでは・・・

 

FW 北川航也 6.0

 

View this post on Instagram

 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿


ゴールへの意識を見せたが得点ならず。

反転からのシュートなど日本代表定着への片鱗は見せたが・・・

 

FW 杉本健勇 5.0

 

View this post on Instagram

 

CEREZO OSAKA Officialさん(@cerezo_osaka)がシェアした投稿


期待に応えることが出来ず。

ボールロストが目立った。

 

監督 森保一 5.5

4-2-3-1でスタート。

前半スタートはベネズエラが前線からのプレスを試みて四苦八苦。

シュートチャンスも何本も与え不安定だったが先制点で落ち着きが出た。

後半からはセンターバックとキーパーからの供給を上手く使い状況の打開を図った。

後半は交代出場の原口、北川、杉本、伊東と前線を一新。

しかし我を出すばかりで連携面を感じることが出来なかった。

ベネズエラは守備組織がしっかりしており前線からディフェンスラインまでの距離感と言い素晴らしい相手だった。

それでも追加点を取りきれなかったこと、PKまでの過程は課題。

1-1と、森保体制初の引き分けとなってしまった。

 

日本対ベネズエラ戦の試合の流れ

  • 前半0分
    キックオフ
    日本vsベネズエラ
  • 前半38分
    ゴール
    堂安がFKを獲得。中島が絶妙な早いクロスを上げると大外から酒井が反応。芸術的なボレーを決めた
  • 前半終了
    スコア1-0
    ベネズエラに対し日本が先制し1-0のリードで折り返す。後半も期待できそう。ロスタイム1分
  • 後半0分
    後半スタート
    後半戦スタート。1点のリードを守り切れるか
  • 後半13分
    イエローカード
    堂安の素早い飛び出しにナウエル・フェラレシがタックル。イエローカードを受ける
  • 後半16分
    イエローカード
    笛が鳴った後も大迫がボールを競り合いイエローカード。いらないカードだった
  • 後半20分
    ベネズエラ1人目交代
    OUT ジョン・ムリジョ → IN ルイス・ゴンザレス
  • 後半20分
    ベネズエラ2人目交代
    OUT ジャンヘル・エレラ → IN アリストテジェス・ロメロ
  • 後半20分
    ベネズエラ3人目交代
    OUT サロモン・ロンドン → IN ホセフ・マルティネス
  • 後半23分
    日本1人目交代
    OUT 中島翔哉 → IN 原口元気
  • 後半23分
    日本2人目交代
    OUT 大迫勇也 → IN 北川航也
  • 後半20分
    ベネズエラ4人目交代
    OUT ルイス・マゴ → IN ベルナルド・アニョル
  • 後半30分
    日本3人目交代
    OUT 南野拓実 → IN 伊東純也
  • 後半32分
    日本4人目交代
    OUT 堂安律 → IN 杉本健勇
  • 後半36分
    ゴール
    ルイス・ゴンザレスがペナルティエリア内で酒井宏樹に倒されPKを得る。キャプテン、トマス・コリンが冷静に決め同点に
  • 後半40分
    ベネズエラ5人目交代
    OUT ダルウィン・マチス → IN セルヒオ・コルドバ
  • 後半アディショナルタイム
    ベネズエラ6人目交代
    OUT フニオル・モレノ → IN ヘフェルソン・サバリノ 
  • 試合終了
    スコア1-1
    史上初、初陣から4連勝ならず。1-1のドローという結果に。アディショナルタイムは4分だった

 

ベネズエラとの試合後の監督と選手コメント

今後のサッカー日本代表の未来は・・・

いまの日本は本田や香川などスター選手がいないことで人気は落ちているが、プレーでは躍動感があり素晴らしい。

しかし途中交代の選手が活躍できない所は課題と言える。

選手交代をすればするだけ質が下がる様では日本代表は高みにはいけない。

今後も日本代表には明るい未来が待っていると信じて一緒に応援しましょう!!

 

キルギス戦で更なる覚醒求む!

 

前回対戦のウルグアイ戦採点はこちら

裏サッカー協会会長が日本代表対ウルグアイ代表戦を熱血採点。新生森保ジャパン初めての強豪との一戦はどうだった?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です